ホーム>東京ボイストレーニング教室のブログ>2016年1月

2016年1月

もとめられるときはくる ナビ表示

体験レッスンを終えたら、その人その人にあわせた、その時間のおさらいをテキストでお送りして来ました。その人に何が必要で、どんな今までの経験が活きて、ひとりで何をしたらいいか、といったことを。

 

よほどのことがない限り、これを怠ったことはありませんでした。時にはそれにお返事のない時もありましたが、それはそれ、そこまでするのが、この空気のようなお仕事の締め括りだと信じて。2015年、空前の体験レッスン申し込みラッシュに見舞われ、すべての空き時間では足らずに、通勤の時間までも使わねばならなくなった時、今こそこれをやらなばならないと思いました。

 

だって、もとめられているのですもの。

 

と、思うようになったからです。ほとんど催眠暗示にかかっていたかのように、朦朧としながらこなした数かず。

 

もともと歌声はおろか話し声に自信がなく、何を言っているのか分からないと聞き返されるのが普通だった私のところへ、かつての私と同じ思いで検索をしてやって来られるのですもの。よく言うことですが、かつての私の学生時代の同級生が私がこんな仕事に就いていると知ったら、鼻で笑いながら驚くことでしょう。こんなときが来るなんて、思いもしなかったものでした。人生の中で、もとめられるときは、一度くらいはくるものです。という思い込みは、大切だと思います。

 

 

その内容をまとめて、読み物に仕立ててみようと昨日思い立ちました。私自身やりたいことは他に沢山あるのに、我慢して諦めていたこともあるのに。季節の退会者が出始めて時間がわいた今こそ、それをやればいいのに。

 

発声の癖は類型化分類することも出来ますが、ひとりひとり事情は異なります。だって別々に生きて来られたんですもの。ちょっとずつ、選ぶ言葉も変わります。

とはいえ、やって欲しいことはほとんど同じではあります。が、だからこそ、読み流したらそれだけで有益になるんじゃないかと思うのです。基本は反復ですから。読みものの読める方は、同じことを何度も読むことでイヤでも身につくのではないかと考えるのです。

 


飯田橋教室では、経験豊富な講師小浜田知子のレッスン受付の大量募集が始まりました。レッスンの様子をこっそりうかがっていると、なるほど理に適っているなと思わされることが多いです。現時点もほかの教室ではキャンセル待ちの列が出来ているそうで、それも頷けるなあと。この人は、よく知っているのだもの。

しかし一方、飯田橋の玄関でご挨拶した段階から、あ、この方はむしろ私が担当すべきではなかろうか、と思わされる場合も少なくなく、これは長年の経験がそう感じさせるのですが、あーもう、本当にこまった方は、どうぞ私の方へ、と思うのです。やはり私はもっぱら、あまりうたわないコースの募集をしようと思うのでした。

近頃書き忘れていますが、水道橋教室では、春奈鈴がうたうコース専門の募集です。需要から考えるに、シブイ全体でうたうとうたわないが2対1の割合は、ちょうどいいかなと思えます。今年はこの体制で行けるところまで行ってみようと思うのです。

初めてご覧の皆様には、こちら一読をお勧めしています。

ページ上部へ