ホーム>東京ボイストレーニング教室のブログ>2016年12月

2016年12月

シブイ会員の皆様へ個人的にもまだ言っておくことがある年末だ ナビ表示

会員の皆様、2016年もシブイオンガクスタヂオと、それぞれのスタンスでおつきあいいただき、まことにありがとうございました。

 

年の瀬に、同じようなタイトルで記事を書くのは気がひけるものです。もちろん、いつだってそうですが。

 

大丈夫。この次の記事から、真面目な記事が続きますから。ご安心ください。

 

 

再び、例の自分語りをします。

 

私は、身長や肩幅つまり見た目の割に声が小さかったし、何をいっているのか分からないと言われて育ちました。そのせいもあって、正直に自分の気持ちを表情や声や言葉で表現するのがとても苦手で、よく評される、いわゆる天邪鬼になったのかもしれません。さらにしかも残念なことは、本当の表情や声を隠しながらでも自分を表現するために、せっかく好きでやっている歌なのに、歌詞も聞き取ってもらえないどころか、聞くのも苦痛、みたいな声しか出ませんでした。

 

2016123017450.JPG

今思えば、実に痛々しい。

 

あの頃の自分に言葉をかけてあげられるならば、

 

残念ながら、君は歌には向いてない。いますぐ、別の道をすすみなさい。まだ若いのだから。

になりましょう。

 

そんな私が、結局ボイストレイナーで生計を立てることになろうとは。同級生は鼻で笑っているか、さもなくば高らかに声をあげて笑っていることでしょう。大丈夫。笑われるのはもう慣れています。

 

同級生はさておき。

会社を辞めてこの道を進むにあたり、いつかお金をいただける歌声、は絶対に手に入れなければならない、それだけは、食らいついてでも手に入れていこうと思いました。何においても同じことですが、そのために必要なものは、そんな現在の自分を否定してくれる人です。巷間ダメ出しと言われているものです。

 

しかし幸運なことに、これをずっと私に対してやってくださった方がありました。ほとんど罵倒のような言葉を浴びせられ続け、おかげで私は、そんな罵倒を聞きたくないがために繰り返し、地味な戦いを続けることが出来ました。ありがたいことと思っています。それが、2016年春まで40年あまりつづいた四谷の小さな、もはや小汚いライブハウスコタンの店長さんでした。ダメを出すのはエネルギーを要します。つくづく自分も歳を重ねて、今、出すべきダメを出せない自分の弱さを感じます。

 

だから、そんなコタンの店長の提案には応え続けなければならないのです。新しいライブハウスを作ったから、やれ。ということです。

 

1月7日土曜日18時開演 コタン曙橋 にて

(東京都新宿区住吉町91アイランドコート曙橋B03−3357−7093都営新宿線曙橋駅より徒歩4分)

石村吹雪(ワンマン) うたいます。先日は勝手にシブイ有志たちと忘年会をやらせていただきました。勝手にと申しますのも、まだ完成していないところへ押しかけたからです。おそらくは、この場所も今後はシブイオンガクスタヂオがお借りしてイベントの場所にしていくと思いますので、会員の皆さまにおかれましては、これこれここここ、ここぞお付き合いだとニヤニヤ笑いながら、参集すべき時ですことよ。この時に、2017年の楽芸会のお知らせはします。

おそらく、赤坂グラフィティでのイベントも今後は出場人数制限がかかりますので、お客さんを呼ばれる方が優先されるといった条件が追加されていくと思います。といった状況を考えての大人の行動を、よろしくお願いいたします。

 

 

さて。冗談のような文章もこれまで。

近頃、教室の疑似私室化に励む水道橋教室の講師春奈鈴より、壁を作ってくれという依頼を受けました。

 

お前やっとわかったか。壁は俺に依頼するのが正しいのだ。と答えつつ。この年末、板を買って来て、一時間無料の軽トラックを駆って水道橋まで来てそいつらをあの狭い階段をぐるぐる回りながら5階まで運び上げて、壁を立てました。ああ、やっぱり年に1枚くらいは壁は立てておきたいものです。木製の壁二枚を立てて、カーテンレールを作り直しました。装飾は自分でおやりなさい。正月あけて来たら、驚くことでせう。

 

20161230175133.JPG

 

壁は自分で作るのです。

 

もちろん、壊すのも本当に簡単です。自分で作ったのだから。

 

 

それにしても、この作業工賃はどこへ請求したらいいのでしょうか。

 

とは、作ってから気がつきました。

 

 

ああ、来年こそは少し、楽してやろうと思いながらも、問い合わせメールの切実さに胸を打たれてやりますやりますいらっしゃいと即日答えてしまう、師走です。

ページ上部へ