ホーム>東京ボイストレーニング教室のブログ>本当にただの日記>シブイなまうた祭りを開催しました
本当にただの日記

シブイなまうた祭りを開催しました

10月最初の月曜日、普段はクボフミトの詰めている四谷教室、ライブのため不在という隙を突いて、シブイなまうた祭りを開催しました。

 

当初の告知から当日になっても、参加希望者およびスタッフにいたるまで、私の意図はほぼ伝わらぬまま迎えることとなりました。

 

2017105223731.jpg

だってこれって、お遊びなんですもの。

みなさん、お遊びがたりない気がして。

お遊びも知らないのに、楽しみも知らないのに、

闇雲に上手くなりたいとおっしゃる人が多くて。

 

私からすれば、

なんでただただ上手くなりたい、

というご希望がわくのか、出処不明の欲求に見えるのです。

 

だだただ、

上手く歌えないと嘆き、

上手く歌えないと悩み、

上手く歌えないくて恥ずかしいと訴えて。

 

このように

書いてみると分かります。上手く歌えないと殺されるのですか?愚かしいことではありませんか。

 

 

2017105223838.jpg

なまうた祭り、

最初からあった結論を言えば、上手くても下手でも関係なし。曲の長さも高さも速さもてきとー。

ただそこにある道具と、ただそこに集まった人たちでただただ歌う。

とにかく遠慮をしないで、声を出す。

 

顔ぶれを見て、出来るだけ皆んなの知っている歌を選ぶこと。

誰ともなくリードするようにわがままに歌う。

周りの声を聴いて好き勝手にハモろうとする。

あ、踊りたければどうぞご自由に。みなさん随分踊っていましたね。

そして私は、顔ぶれを見て適切なキーを見極めて伴奏をする。

 

お互いの存在を感じ合い、それがために生じるのは、他人に合わせる喜びだけでなくストレス、その制約の中、和声的な調和など二の次に、声を出す。

 

ただ、そんなことをやってみる会でした。

 

また、楽芸会などステージを使う場所は苦手な人もここなら気安く歌える、という機会を作ってみたかったのでした。

 

お集まりの皆さん、面白かったでしょうか。これから、尋ねてまわります。再度開催されたら、なかなか面白い時間だったなーということになります。

 

 

あーつかれた。

シブイなまうた祭り 

16時の部 五人

18時半の部 十人

ご参加、ありがとうございました。

まあ、シブイではイベントにおなじみの皆さんが多く、楽しむことを知っている人ばかりでしたので。

 

そりゃあ、楽しいですよね。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cvongaku.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/857

ページ上部へ