ホーム>東京ボイストレーニング教室のブログ>本当にただの日記>思い出のアルバム
本当にただの日記

思い出のアルバム

シブイオンガクスタヂオはボイストレーニング教室。

思い出のアルバム作りをしようと思うのです。

 

今日も朝10時からクボフミトが、ある時間から入れ替わりで小浜田知子が来て連続でレッスンをしています。このところ夏も終わりお申し込みが少し増えて、忙しそうです。その傍らで少し後ろめたい気もするのですが、まあ私には私の役割があるのです。

 

シブイオンガクスタヂオはボイストレーニング教室。

思い出のアルバム作りをしようと思うのです。

 

といってこれが、15回を数えた発表会の写真、ではないのです。あればいいのですが、ある時から記録写真もろくに残さなくなって今に至るのです。致し方ありません。

 

実は、教室を防音仕様に作った記録写真、というものがありまして。それをアルバムの残しておこうと思うのです。で、実際にかつて作っていたんです。

 

思い出のアルバム、と称しましたが、これ、正真正銘、実用用途なのです。いくら自作したからといって、単なる自己愛ではありません。何に使われると思います?きっと想像もつかないことでしょう。

 

新しい賃貸契約を結ぶ際の資料に、なるのです。

 

そもそも賃貸物件のオーナーさん、得体の知れない発声教室に貸すのは勇気がいります。ことに、騒音問題は一番に想像がつきます。だから、まずたいていは断られてしまいます。断られなくても、どのように防音教室を自作するのですか?資料写真の提出をお願いします。と、必ず言われます。審査資料の一つになるわけです。

 

以前作っていたアルバムは、興味を持った生徒さんの閲覧用に待合室に置いてありましたので、古参の生徒さんは存在を知っていると思います。しかし、四谷教室を作る段階で都内某所の不動産屋さんに提出したものの、審査の結果お断りをされたまま(あたまにきて)私が回収に行かなかったために、手放して紛失してしまったのです。そうそれは、2017年の春でしたか。あれ以来、存在しないのです。

 

と言うわけで、一応実用にもなるし、文字通り思い出のアルバムにもなるのです。

 

だから、作らねばならないのです。遊んでいるのではありません。作らなければならないのです。ほかにも、用途があるのです。実際に防音室を自作したいという、酔狂な方のための参考資料になるのです。

 

とはいえそうそう、そんな方とも出会わないのですが最近、防音ブースを自作するという方とたまたまお会いしまして、記録写真の一部が載っているブログページを紹介しておいたところ、

 

ブログのお写真等めちゃめちゃ参考にさせていただいております!

 

というすごい言葉をいただきました。完成の暁には、ぜひ取材にうかがって、ご紹介したいものです。

 

2019911154845.jpg

壁、床、天井、を自作して、木造家屋で教室をやっていました。(2010年4月製作)

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cvongaku.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/968

ページ上部へ