ホーム>東京ボイストレーニング教室のブログ>本当にただの日記>新しいコースを考える
本当にただの日記

新しいコースを考える

先日のブログで、なかむらのぞみが私の新しいレッスンコース名を考えてくれた。

 

理由は、自分の特性は自分では把握しにくくて、よほど他人からの方が分かりやすいから。

 

つまり、なかむらのぞみなら、私の特性に適ったコース名を思いついてくれるのではないかと思ったから。結論としては以下の四つだったかと思う。

ー以下ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まぁまぁ、それはともかくとして、さて、いくつか候補を出してみよう。 

・楽に会話できるようになるコース

・お茶でものみながら楽しく会話を学んでみるコース

・ゆるっと話しながら会話術を身につけるコース

11でまず話してみよう!話すトレーニングコース

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上ー

 

とのこと。私は私で今まで、うたわないコース、だとか、あまりうたわないコース、だとか、それなりに考えて逸脱系を開講して来たけれども、それらの経験を踏まえて、実は最も需要があるはずだと思って考案したコースが、おそらくは理解されにくくて伝わらなかったし、必要とする人には全く届かなかったのだと思う。それが、自分語りコース。と名付けたものだった。

 

もう、私としてはうたうコースを募集するつもりはない。なぜかといえば、自分語りコースにこそ、私の価値が発揮できるから。あまりうたわないコースと名付けて開講して応募受講して下さったみなさんを見渡した結果、うたうコース並みに求められると踏んだのだ。

 

ところがだ。自分語りコース、というネーミングがとにかく謎だったのだと思う。

 

なかむらのぞみが考案してくれた名前も、かなり私の意向を反映してくれていると思う。

 

しかし、まだ分かりにくい。なので、もうちょっと角度を変えてひねったものを考案するよう伝えてある。期待しよう。

 

仕事場で期待されるって、すばらすぃな。そうは思わないか? 期待しよう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cvongaku.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/978

ページ上部へ