ホーム>東京ボイストレーニング教室のブログ>本当にただの日記>告知第16回 シブイショーケース(一般の部)および 2019忘年会について
本当にただの日記

告知第16回 シブイショーケース(一般の部)および 2019忘年会について

まずは、忘年会

出場順番に変更が生じました。後半に配置されていた方が、早めにお酒を楽しみたいということで、前半にうつりました。詳細は、会員のページをご覧ください。若干、それによって14時台の予定が当初よりずれこむことが想定されます。

 

告知

16回シブイショーケース(一般の部)

2020年3日日曜日 12時開場 入場1000円(会場 池袋FIELD)

 

出場者8人(ひとり15分)を17日まで募集いたします。

 

伴奏者が足りなければ、石村がやります。

所属講師は問いません。石村以外でも全然問題ないです。(一人あたり参加費総額は3000円を予定します)

 

シブイオンガクスタヂオは、ボイストレーニング教室として17年目を迎えます。

 

発表会といえば、私はじめ講師陣の庭であり仕事場であるライブハウスで、演奏の手伝いをしながら、主に歌唱の発声方法を磨いてお見せする、というものでした。もちろんその演出については、出来るだけプレッシャーのないように配慮しながら、発表会といえど客席は必ず埋まるように、そしていつでも笑いがたえないように目を配ることを心がけて来ました。が、

 

2009年に、うたわないボイストレーニングという本を書き、2010年から、あまりうたわないコースを開講し推し進めていく間に、私自身は歌唱は二の次だな、という思いにとらわれ始めました。

 

ボイストレーニングというものの成果とはどうあるべきか、と考えると、存在感のある声で話し、自分の考え、といった込み入ったことまではいかずとも、自分の存在を、目の前の人にすんなりと滞りなく提示するため、受け入れてもらうための声を、コンディションに応じて作れるようになること。

 

に、違いないな、と思うに至りました。

 

この企画では、15分の間に、如何に自分の歌を目の前の人に能動的に聴かせるために何を語れるか、というところに焦点を当ててみようと思います。

 

歌さえ歌っていれば幸せです私、という姿を表現できる即ち目の前の人に 伝 え ら れ る ならば、それだけでもいいです。が、多くの場合は、説明を要します。いわゆるMCですね。15分、目の前の人を飽きさせない自分を演じること、これがテーマになります。だから、一曲でもいいし、必要とあらば三曲になってもいいです。

 

シブイオンガクスタヂオは、私の手には負えないほど大きくなりました。全体でのイベントを開催するのはもう、ないことでしょう。分科会のように、各講師が主催して小規模で開催してまいります。石村は石村なりの発表会を来年は開催してまいります。

 

また、お客さんで必ず客席は埋めていこう、イイヨーカードを心の支えに頑張ろう、というやり方をとってきましたが、これも撤廃します。目の前にいる、ほんの幾人かの人に、きちんと自分が届かせられますように。これを目的にするため、だからです。

 

出場ご希望の方、忘年会でお気軽にお声掛けください。私の伴奏出番も以前に比べて半減しましたので、お話する時間はあります。

 

※第16回という数字は、前回のシブイ楽芸会が15回だったからです。設立当初からの通番です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cvongaku.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/985

ページ上部へ