ホーム>レッスンの様子ほか>レッスンの様子>必殺技
レッスンの様子

必殺技

必殺技

ボイストレーニングでは、無理のない発声によって、出している方も聴いている方も気持ちよい声を響かせてあげることを目指します。

では、無理の ない発声に対して、無理のある発声とは、一体どんなものなのでしょうか。ボイストレーナーによって無理のある発声と断じられても、「心外である」「自分は 気持ちよく出している」と思われる方もいらっしゃいます。勿論、「喉が苦しい」「疲れやすい」とおっしゃる方もいます。発声には、個人の癖があります。そ もそも、慣れていることならば、無理な筈もありません。自覚することも難しいです。

だから、如何に、無理なく声が出てしまうかを、応急処置的な 様々な方法で提示します。これらによって、「あれ?何か違う」「なんか変だけど声出やすい」「なんか変だけど歌いやすくなった」と思っていただきます。 「なんか変」そう思って頂いて結構です。それは、自分で経験のない発声だったから、違和感があるのです。そして、そこに、無理のない発声というのがあるの です。

今までと違う自分の発声を認識すること、そしてその差を埋めてみること。自力で埋めていくこと。ボイストレーニングはそのように進めていきます。だから、進み具合も人それぞれになります。

さきほど、応急処置的な様々な方法と記しました。現時点では、ここには書き切れません。御容赦。というのも寂しいので、ひとつこぼれ話を。実はこれには、皆さんがご自分で試行錯誤した結果できた、ほぼ間違いなく汎用的な方法もあります。ここシブイオ ンガクスタヂオでは例えば「マツシタ」と名付けた方法があります。決してスタンダードではありませんが、体験レッスンにいらしたほぼ全員が、声の出やすさ を実感されています。

 

 

ページ上部へ