ホーム>レッスンの様子ほか>レッスンの様子>息をはくの巻
レッスンの様子

息をはくの巻

息をはくの巻

ひとことで呼吸と呼びますが、「吸う」と「吐く」で、セットです。言うまでもないことです。
しかし、ボイストレーニングをやってみようと思って実際にいらっしゃる皆さんのほぼ全員が、それを意識したことがないのです。

その証拠の一例としては、高い音をぶっ続けで出さなければならない歌を歌ったとします。
その時、自分でも無理してる高さだなと思える場合、だんだん、疲れてくる、あるいは、息苦しくなってくる、といった経験がありましょう。これは、「吸っていない」のです。
或いは、吸っているつもりでも、「吸えていない」のです。なかなか自分では分かりづらいことです。

最初は分かりやすくするために、吐ききる、ということを覚えて貰います。
吐ききってしまえば、勝手に身体は吸ってくれます。

おまけですが、ツッキーさんが素朴に描いていらっしゃるように、たくさん呼吸の練習をすると、すっきりした気分になりますね。深呼吸という言葉があります。まさに、それのことかも知れませんね。

 

 

ページ上部へ