• facebook
  • twitter

2012年02月08日

おきゃくさま、

スタジオ

時に「御客様」としていらっしゃる方がいる。

 

      習う姿勢ではない

          おきゃくさま。

 

   残念ながらシブイオンガクスタヂオは

      歯医者さんでは御座いません。

       営利を考えれば取りこぼし無きよう

         齷齪した方が善いのだろうけれども

            うちは大手ではない小さな教室。

 

           それ以前に人間だったりするもので。

 

 

 

 

 

 

   「人にモノを習う態度」で思い出した。

     水道橋校で先日嬉しい事がありました★

           

 

  新しく入ったフレッシュでイケイケどんどんな23歳の男子、

    礼儀正しくていい子だな、位に思っていたのだけれども

 

    初回レッスンは御月謝を封筒に入れて来てくれ

      「宜しく御願い致します!」

 

   レッスン終了時には

     「有難う御座いました!次回も宜しく御願い致します!」と御辞儀。

 

 

 

     長く愉しんで貰えるレッスンを提供出来るよう頑張ろう、と

      逆にケツを叩かれた思いです。

 

                春奈鈴さん、フンドシ締め直します。

 

 

 

 

 

 

※写真はパソコン設定をして貰っている写真。

  パソコン修理に買換えに設定、皆さんに支えられております。感謝。

     しかし誰も御金は支えてくれなかった。当たり前か、とほほ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたは歌がすきですか


世の中、多様性が容認されてきたことは喜ばしいことと思います。

20年前にオタクと揶揄された部類の人々にも、春が来て久しいです。好きなものを好きと言って、一つのことにのめり込み打ち込み追求することは、どんな形であれ人格の芯を形成してくれましょう。昔から僕はオタクの味方ですし、時に恥ずかしそうにオタクを自称する人を励まして来たものです。

に対して、うたというものには人類史の中に歴史がありますし、歌が好きです、なんて言い回しは、特別なことではありません。

だから、軽く人は言います。
うたがすごく好きですと。


これが好き、と渡されていた曲をレッスン十分前にギターで弾けるようにしておきました。
レッスンでは、なかば試すように、これ好きなら歌詞見なくていいよね、と、隙を与えぬまま弾き始めてみます。

見事、最後まで歌いきりました。

好きって、こういうことだよな、と、嬉しくなりました。

この十年ほど、比率としては平均一割か二割くらいは、すごく好きな歌がある人、が在籍しています。

これに関連してひとつ。

カラオケに行って、世代的に同席したみんなが知らない歌を歌ったのに、とても評判が良かったという子がいます。理由が分からないと言います。

理由はかんたんです。この子はモニターなど一切見ないで自分のすごく好きな歌をうたっただけなんです。逆に、この子がカラオケで歌詞をよく間違える理由は、歌詞など見ていないからなんですね。

珍しく誰でもできるカラオケ上達術を書いてしまいました。お恥ずかしい。

まずは気軽に体験レッスンをどうぞ
  • 皆とわいわいやるような ボイストレーニングは苦手…
  • 年齢が高いけど 大丈夫?
  • 腹式呼吸を活かした 発声をマスターしたい
  • ほかのボイストレーニングに 通ったけど、ダメだった…
  • 歌うこと・話すことが 苦手だけど、克服したい!!
  • 練習の成果を 生演奏の発表会で 試したい!
  • カラオケ教室じゃ 物足りない!
体験レッスンの予約はこちら