• facebook
  • twitter

2012年06月12日

滑舌も含めて

実は過去七回のシブイ音楽祭を通じて私が留意して来たことがあります。

シブイでは発表会、と言っても、単にお上手に歌が歌えることは、ずっと後回しに捉えていました。

会場費捻出のためにも、そして何より、人に向かって歌う、人に相対して意思を伝える、という目的のためには、有料入場者が会場に満ちていること。聞いている人が目の前にいなければあまり意味はありません。

ということはつまり、ある程度面白くないと、お知り合いが歌い終わったら普通はみんなすぐ帰ってしまいますから、面白さの演出。

発表会において一体何が面白いと感じられるか?

それは、人間です。知り合いでもないステージに上がった普通の人、の魅力は、その人間そのものに尽きます。

それを表現してもらうために、私はそれぞれの生徒さんに、歌だけではなく、必ず話をしてもらうことを積極的にすすめてきました。

その際に当然、滑舌が問題になります。初めて相対する人に、きちんと分かってもらうためには、前提的に重要です。
だからその練習もします。

しかし、具体的に何を話したらいいかが分からない、という子も出てきます。そこが、私の大事なお仕事です。ひとりひとりの良さ、面白さをフォロー出来るのは、個人レッスンの時間において密に関わっているからでしょう。

シブイオンガクスタヂオは少し規模が大きくなりつつありますが、これらの点を押さえて行くことが出来なければ、やる意味がないとさえ思っています。

ボイストレーニングの成果のみかた

 

大仰な題名です。

さきの日曜日に会員限定、シブイの小音楽祭を開催しました。

私自身、小学生の時に出たこともあったピアノの発表会の記憶は、大変息苦しいものでした。

綺麗めの服を着て、演奏前後のお辞儀、少し着飾ってみた親御さんたち。何より、縁もゆかりもない楽曲たち。

その様式美というものに、今更ながら捨て難い魅力があるのも本音ですが、会社員時代には上司に「パジャマで会社に来ないでください」と言われたような私には、堅苦しいことは苦手なのです。

あれから三十年。発表会の意義はそれなりに認識しています。ボイストレーニングでは、発声を教えています。その成果が最もよく分かるのは、混じりっ気のない、声だけの発表会です。

今回、伴奏は私のピアノかギターに加え、袋五郎八先生のギターだけ、という声がよく聴こえる形の発表会が出来ました。飲食物は、会員の持ち寄りに期待して。これが期待を大きく上回る豪華な品揃え。実に和やかな宴会もとい発表会になりました。

ここ数年、シブイ音楽祭と銘打って豪華なバンド演奏を売りにもして参りました。それだけを目的に入会される方も歓迎もして来ました。が、結果で言えば、その形はもはや発表会の意義からは外れてしまったのかなと、実にこの一年は苦悩するが如くに考えて来ました。シブイ音楽祭は、年に一度の祝祭にするべきです。

そもそも発表会が終わったら通うのを辞めてしまうのでは、全く意味がないわけです。大事なのはそのあとのレッスンなんですもの。

否応なく声ばかりが聞こえて来る環境で、声だけで勝負、という形は、次回音楽祭出場権を得られたご来場会員のそれぞれに、適度の刺激をもたらしたと思われます。

シブイオンガクスタヂオは九年目。何故か個性派揃いだった会員の顔ぶれもあらかたさま変わりして、また一からやり直す巡りになったようです。会員の皆さん、これから絶対面白いから、ついていらっしゃいよ。

 

小音楽祭

小音楽祭、御疲れ様でした。
小音楽祭、御疲れ様でした。

 小音楽祭、御疲れ様でした。

 

なかなか生徒同士で顔を合わせ

ましてや唄を披露し合う事なんて無いですもんね。

貴重な機会だったのではないでしょうか。

 

 

しかし水道橋組の面子を見て改めて思った事、

何で水道橋組はあんなにべっぴんさんが多いんだろう。

 

素敵な人達に囲まれておりますよ、はい。

 

 

 

 

※写真は五郎八先生と。この人のギターは涙が出るほどに素晴らしい。

まずは気軽に体験レッスンをどうぞ
  • 皆とわいわいやるような ボイストレーニングは苦手…
  • 年齢が高いけど 大丈夫?
  • 腹式呼吸を活かした 発声をマスターしたい
  • ほかのボイストレーニングに 通ったけど、ダメだった…
  • 歌うこと・話すことが 苦手だけど、克服したい!!
  • 練習の成果を 生演奏の発表会で 試したい!
  • カラオケ教室じゃ 物足りない!
体験レッスンの予約はこちら