• facebook
  • twitter

2013年08月26日

レッスン 通っていれば大丈夫なのか

うたわないコースの小松です。 

レッスンに通っていれば自分の声の悩みは解決する。
だってボイストレーナーにお任せしているから!

 と思っている方は多いです。 

雑誌を読んでいる間に素敵な髪型にしてくれる
カリスマ美容師さんへの期待に近いものを感じます。 

しかし、美容院で例えるとすれば 
シブイ美容院で髪を切るのは

生徒さんご自身です。 

 私は鏡に座っている生徒さんの横で

 「これハサミって言う道具なんだけど使ってみる? 
 持ち方はこうだよ。あなたの手の大きさだったら
  このくらいのサイズから持ち始めるのが良いよ。」 

 とか

 「ハサミが重い?あー腕のここんとこ筋肉つけた方がいいね。
  この運動を毎日続けてみてね。」 

 とか 

「鏡が曇ってるから思ったように髪を切れないんじゃないかな?
  この布だと拭くのに便利そうだよね。」 

 とか 

「間違ったハサミの持ち方してるとここをケガするよ。 
 ここが痛いと思ったら間違ってるからすぐ止めてね。」 

 とかそんな事を言う仕事をしています。

本物のカリスマ美容師さんも、
きっとお客さんに 毎日正しいシャンプーをして貰いたがっているし、
自分の切った髪が少しでも維持できるように
毎朝のセットはこうした方がいいよと アドバイスしてくれます。

だから美容師さんが悪いって言う訳じゃないです。

ただ、私に髪を切ってもらうつもりでレッスンを受けに来るのは
ちょっと違いますよ と言うお話でした。

最近の体験レッスンより

ご当人の了解を得ましたので、

体験レッスン後にいただいたメールを引用しながら、書き進めます。


ご指摘通り、音程を外さないことに重点を置いて歌ってきました(現在進行中。。)。少しでも音程がズレたり、声が裏返ると、萎縮して一層喉を閉めて歌いづらくなる…の悪循環が知らない間に身についてしまっていたようです。

 

この方は、吹奏楽で音楽的素養があり、つまりすなわち、音程を外すことは音楽的に絶対あってはなりません、といったような考えが身についているのですね。しかしこれは、極めてよくある例です。そもそも歌好きの方、音楽好きの方でボイストレーニングやってみようと思われる方は、非常に多いです。もちろん、そんなものはなくてもうたなど歌えるわけですが。


体験レッスン後、カラオケに行って参りまして、改めて『桜の時』を4度下げて歌ってみました。
「キーを下げるだけでこんなに歌いやすくなるのか!」と、今更ながらビックリ!


驚かれたようですが、原曲に対してキーは下げてはならない。という誤った思い込みは、かなりの実例と対面して参りました。この方は、下げて歌ってみる、ということすら未体験だったようです。

単純に思い直してみてください。素人が出来ないことを軽々とやるのが玄人です。玄人の真似が簡単に出来たら、それはおかしなことと言っても良いわけです。


また、レッスンで教えていただいた

・息を吐く
・口を開ける
・笑顔で歌う
を意識しながら歌ったところ、いつもより声が気持ちよく出せるようになり、声もマイクに乗っていたようでした。
何より、息をたくさん吐いて吸おうとすると自然と身体が動き、それによって歌に適度な抑揚がついたようです。喉だけではなく、身体全体を使うことの大切さを実感しました。


このように、限られた時間でお伝えしたたったいくつかのヒントから、ご自身の身体の動きを察知して、呼吸が抑揚にも活きて来ることまでご自身で推測出来るケースがあります。これは、その人がこれまで、どのように身体を使って来たか、身体に対して意識があったか、によってまったく違った見解が生まれます。でも、それでいいのです。さまざまな経験や知識がご自身の身体的感覚に結びつくのは当たり前のことであり、それをきっかけにすることは、大変有効です。

 

まずは気軽に体験レッスンをどうぞ
  • 皆とわいわいやるような ボイストレーニングは苦手…
  • 年齢が高いけど 大丈夫?
  • 腹式呼吸を活かした 発声をマスターしたい
  • ほかのボイストレーニングに 通ったけど、ダメだった…
  • 歌うこと・話すことが 苦手だけど、克服したい!!
  • 練習の成果を 生演奏の発表会で 試したい!
  • カラオケ教室じゃ 物足りない!
体験レッスンの予約はこちら