• facebook
  • twitter

2015年04月03日

呼吸なのですよ

もうね、言うまでもないがために、言われていないのかもしれませんね。呼吸なのですよ。呼吸。 私の想像ですが、いろんな教室で呼吸の練習ってのが軽視された結果だと思うのですよ。つまんないもーん。ね。 一度は習った経験がある、というみなさんの陥っている、願わしくない状態は、ほとんど全員と言っていいほど、呼吸が出来ていないのです。 そして、ここでいう呼吸の方法というもの、いとも簡単に日常に流されるものなのです。 曰く 腹から声が出ない 深い声が出ない 低い声が出ない 声が前に出て行かない こういった、一般の方には決して身近でない言葉たちは、かつてどこかでかじったり、かつて本で読んでみたりしただけでも得られる、発声の思わしい形を表したもの、です。 だから決して、一度も触れたことがないという方から出てくる言葉ではありません。おそらく、一度は試みて、うまくいったりいかなかったりされたのだと思います。 だとするならば、呼吸の練習、というやつがどれほど大切か、腹式呼吸を活かした発声がどれほど身につきにくいか、どれほど忘れやすいものか、ということも一度は知識として得ていると思うのですよ。 どうかここに立ち返ってみてください。 四月に入ってもお申し込みが続いています。ありがたいことです。私がこれほど一般的には不利になるだろう振る舞いをブログ展開してもお申し込みをされる方、だんだんと、本気な人ばかりに絞られて来ているようですが、それ故にか更に、結局はこれなのよ、というお話を返信で書き続けていて、もう私は発狂寸前ですことよ。 みなさん、呼吸に立ち返ってみてください。もちろん、その中には呼吸を安定させるための諸注意事項も含まれます。

【水道橋通信】桜と花粉と受付状況。

 

 

 

201543161214.jpgのサムネイル画像

 

 

 

桜、満開。

全力で春です。

花粉も本領発揮。

 

花粉症をお持ちの方は

まだまだつらい季節が続きますね。

かく言う私も花粉症。

 

 

 

 

4月12日(日)

四谷教室にて行われるシブイ楽芸会に向けて

水道橋教室、参加組はレッスンの中で曲を仕上げています。

 

先日のレッスンで

 

「自分らしく歌える事が出来れば上手に正確に歌う必要はないんだ、

と思えるところまではきたのですが

自分らしく歌うには"基礎"が必要だと痛感しているので

もっともっと練習頑張ります。」

 

と模範回答のようなお言葉を貰いました。

鍛錬を重ねていくと気付きの質もまた

変わってくるのかもしれません。

すばらしいなぁ。

 

 

 

 

水道橋教室では現在平日昼間の体験レッスンの受付を行っております。

が、4月平日夜間と土曜枠に若干数の空きが出ました。

受講を希望される方は「体験レッスンお申し込みフォーム」より

お申し込み頂きますようお願い致します。

(枠が埋まり次第受付を終了致します。)

 

 

 

 

まずは気軽に体験レッスンをどうぞ
  • 皆とわいわいやるような ボイストレーニングは苦手…
  • 年齢が高いけど 大丈夫?
  • 腹式呼吸を活かした 発声をマスターしたい
  • ほかのボイストレーニングに 通ったけど、ダメだった…
  • 歌うこと・話すことが 苦手だけど、克服したい!!
  • 練習の成果を 生演奏の発表会で 試したい!
  • カラオケ教室じゃ 物足りない!
体験レッスンの予約はこちら