ホーム>東京ボイストレーニング教室のブログ>五七五>あせらずに 深呼吸から はじめよう ゆっくり吸おう どこまで吸えるか
五七五

あせらずに 深呼吸から はじめよう ゆっくり吸おう どこまで吸えるか

あせらずに 深呼吸から はじめよう ゆっくり吸おう どこまで吸えるか

 


ボイストレーニングに於いて絶対に必要とされる腹式呼吸って、眠っているときに皆、頑張らずにやっているものである、という話はどこにでも書いてある話です。

 

ならば、簡単じゃないか。ということは出来ます。しかしそれを活かすほど当たり前に行うには、言うは易し。というところです。出来るだけたくさんの息を使えるようになるために、急いで沢山出し入れしようとすると、たいてい、肩があがったり胸筋が膨らんだりしてしまいます。急がずにゆーっくり行うと、それを避けることが出来やすいです。ちょうど、眠っている時の呼吸のように。ということはまず眠っている時に近い呼吸をすればいいじゃないか。ということになります。大事なことは、身体に覚えさせてあげること、です。焦って、違った形をとるよりも、ゆったりと落ち着いて行うことです。どうですか。深呼吸のごときではありませんか。

 

要は、深呼吸を急いで出来るようになればいいんじゃないか、ということが出来ます。ものはいいよう捉えようです。そのためには、そういう身体の使い方の、くり返しです。深呼吸ならば、練習練習と身構えなくても出来ますし、なにより、慌ただしい日々の中では身体と心に有益であることは、やってみれば分かります。さらには、こんな風に私は日々練習しているんだ、と思い込んでしまえばさらに、しめたものです。自信につながりましょう。自信も大切ですね。何一つ長続きしなかったひとも、呼吸ならいつだって出来ます。焦らずゆっくり大量の、深呼吸で練習を。


トップページにここ何ヶ月か、日常的にやれるボイストレーニング観点の練習について、ツイッターを利用して七五調で連ねて参りました。もちろん、中には何のことかも分からないものがあったことでしょう。しばらく、その解説の記事を書いて参ります。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cvongaku.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/588

ページ上部へ