• facebook
  • twitter

本当にただの日記

イントロトークって面白い

こんにちは。
うたわないコースのなかむらです。

最近とある生徒さんと盛り上がってやっているのが
「イントロ乗せをやってみよう」

これ、ラジオを聴いている方にはなじみがあるかもしれないですが、
曲が始まって歌が始まるまでの部分を“イントロ”というのですが、
そのイントロ部分をつかって曲紹介するなり自由にトークをすることを指します。

うまく曲のリズムに乗りながら、
歌が始まる前にトークをぴったり終えられるというのは
ラジオDJの醍醐味でもあるのですが、
それを先日生徒さんにトライしてもらいました!

実際に生徒さんが使用した楽曲はスキマスイッチの「奏」
これ、42秒もイントロがあるという割と長尺。

(よくこの曲選択したな・・・)なんて最初は思っていたのですが、

そこは生徒さん、選曲理由もばっちり盛り込んで、42秒にぴったりと収めてくれたのです!

これには驚きでした。

これ、やってみると結構大変です。
もしご興味ある方は、ご自身の好きな曲などでやってみてください◎

最初は15~20秒くらいのイントロ曲でトライするのをオススメします。

ちなみに、私はよくラジオでは
・その曲にまつわる情報
(例・「東京出身4人組ロックバンドの〇〇で、
先週リリースした新曲。メンバーのリアルな体験から描かれた歌詞にも注目です」のような)
・曲の歌詞やタイトルから連想できるトーク
(ちなみに上記の「奏」を生徒さんが持ってきた理由は、名前に関連するからというもの)
など話したりしています。

自己紹介なども、こうやって曲のイントロに乗せてゲーム感覚で
やってみるというのも面白いかもしれないですね!

たなからぼたもちは落ちてこない

割と長年、通っている方のお話をします。シブイに於いて割と長年、といえば、10年生くらいをイメージしてください。

年がら年中、酒で喉をガラガラさせていて、カラオケに行けば出るはずもない高さのメロディを、出てなくても構わず陽気にがなるようなタイプの人のお話です。楽しいキャラクタなので何年かごとに話題にしています。

喉を痛めないようにすることや、綺麗な声を使えるようにすることまでは、順調でした。しかし、歌といえば基本的な、メロディを覚える、とか、その覚えたメロディを自分の声で再現する、いえ、それまでに覚えた、綺麗な声で再現する、ということについては、少しずつ年月をかけて固めてきました。

この春の外出自粛の時期は、猫背を治すべく体幹を鍛えるということだけを、歌のことなど忘れて頑張っていたそうです。そして、6月に再開する頃には、立ち姿がすっかり変わったばかりか、歌声は伸びるし、なんと音程がきっちり聴こえてくる歌声になっていました。

当人も驚きのたなぼた。いいえ。たなからぼたもちなど落ちてきません。当人は来る日もくる日も、YouTubeで探し出しては励んでいたんです。歌ではなく体幹トレーニングを。旦那さんのリモート会議に音楽が入り込まないようになど、気を遣いながら。

おかげで。重心がブレにくい身体ができてしまったわけですね。

こうなってくると、歌うのが楽しいわけです。うたを録音して、直したいところを探すうちに、どんどんじょうずに、なっています。以前はそんな録音の手間など、かけなかったのに。楽しくなってしまえば、あとは正のスパイラルです。

 

個人的には体験レッスンを二年ぶりに再開して、三ヶ月が過ぎました。初めてボイストレーニングを体験するという初々しい顔を見ていると、自分も初心に帰ることができます。そうだ、初心に帰るついでに、またあらたまってブログも再開しようかな、と思った八月でした。

体験レッスンを再開してみて

はいこれは石村です。

二年ぶりに体験レッスン募集を再開してみたところ、この不安なご時世にもかかわらず意欲的なみなさんがいらして、新しい出会いを楽しんでおります。

正直二年も間が空いてしまうと、それまでは淀みなく話せたことが、もどかしいほど言葉にならなかったり、長年の経験で作り上げてきた、間違えようもないマイ段取りを間違えたりして、戸惑うこともありました。

しかし、回数を重ねていくほどに、だんだんと調子を取り戻しています。

より正直な話をさせてもらえれば、そう、このレッスン環境はどうしても密室になります。気をつけないと、唾のかぶりあいになりかねません。そうならないように各講師も、これまで通ってきてる皆さんも相応の注意を払って過ごしています。が、初めて来られる方にそこまでの意識、注意を求めるのは、容易な話じゃありません。が、最初にこの状況、この環境を踏まえて、説明をさせていただくことで、通常通りに進めています。

何にせよ、新しい出会いは、ただただわくわくしますね。枠はいつも限られていますが、予約が増えていざ受付ができなくなる前に、どうぞご検討くださいませ。

飯田橋教室にも、こんなステッカーを掲げてあります。それがいいとか悪いとかでは、ありません。さんざん注意はしてるぜ、という意思表示と受け止めてください。

感染防止徹底宣言ステッカーというものです

体験レッスンを受け付けています

今さらですが。

やっと再開した6月もなんとなくあっという間に通り過ぎて7月に入りました。

四谷教室を閉じて、それに代わるように神保町教室が出来て、少しだけ体制が変わったシブイオンガクスタヂオです。

と同時に、このタイミングで去る人もある、思えば季節は春でした。

 

二年間ほど体験レッスンの募集をやめていた私も、久しぶりに募集をしてみています。実は、今使っているこのシステム、講師陣には使い方を示したまんま、実際に自分では触ったことがほぼなくて、さっそくお申し込みがあってもその次の手順を私自身が踏んだことがない、ということにその時ようやく気がついた次第でした。https://reserva.be/cvo2018

事前お買い上げ申し込みに次いで、体験レッスンを前にお尋ねしたいことがございます。こちらからご案内する入力フォームからご登録いただけたところで、ご予約完了とさせていただいています。必ず、@cvongaku.comドメインからのメールの受信設定をお願います。

 

東京はおそるおそる、動き始めました。暑くなった今、マスクをしなければならないという、過去に経験のない日常に疲れながらも、嬉しいことに、お申し込みそしてご入会が続いています。新しい出会いは、心躍ります。

だから、ついつい工作もしてしまいます。壊れたフットペダルを使った、消毒液噴射器です。足で踏んで、消毒液を手に振りかけられます。ただしまだ、乱暴な利用には耐えられません。おそるおそる、踏んでみましょう。少しずつ調整をして、完成させます。(いや、別に完成させる必要はありません。普通に使えばいいのです。わかっています。)

みなさまのお越しをお待ちしております。

単発・半年以内のレッスンご希望の方に

飯田橋教室のなかむらです。

前回の石村さんからの記事で驚いた方もいると思いますが。

 

私なかむらは、年内を目処にシブイオンガクスタヂオで行うレッスンは終了となります。

その後希望者がいましたらオンラインレッスンのみ継続の予定でおります。

 

そのため、

・単発でor数回だけor半年以内でのレッスン希望の方

のみの募集となります。

 

*発声に必要なことをちょっとでいいから学んでみたい

*今の自分の声がどういう状態か見てもらいたい

*半年だけなら頑張ってもいいかも

*来月急遽オーディションがありなんとかしたい

 

・・・というあなた。

これまでの生徒さんでも1か月後の予定のために集中してレッスンしたいという方がいて、

その方は月8回通っていただき、確実に成長されたというケースもあります。

現状週2ではお受けすることは厳しいのですが、土日のみ週1~レッスン可能です。

日時を決めて集中してやることで確実にスキルアップはできます。

 

今私がこれまでのシブイでの経験や喋りの仕事で培ってきた経験をフル活用して

この半年精一杯レッスンします。

 

また、残り半年しかいられないということもあり、

入会金・年会費は不要

その代わり初回レッスン(体験レッスン)は3000円

2回目以降は4000円で受付いたします。

 

もちろんこのご時世です。オンラインを希望される方も同様に。

オンラインレッスンは2回目以降も3000円で行います。

 

半年も前からいなくなることを公に言うのはどうなのかなと心配したのですが、

石村さんに

「ハッキリ期間を伝えたほうがお互いに目標になるし、

集中してレッスンできるから、ダラダラやるよりよっぽどいいよね」

って言ってもらっての今回です。

正直な話、2021年どうするかが不確定な部分もあり。

でも、時期を決めないと動けない私は、今回このような決断をさせていただきました。

 

なので、この半年、どうかわたしを利用するつもりで、

うたわないレッスンにご興味を持ってくださっている方にはお越しいただければと思っております。

 

レッスンのお申し込みはこちらからどうぞ。

https://www.cvongaku.com/contents/category/trial/

 

現在受付日

7/11(土) 12時~/13時~

7/26(日) 15時~

入会金を不要とするケース2020

6月1日より、シブイオンガクスタヂオも休業をやめて、可能な限り通常レッスンを再開しています。

もちろんマスク越しだったり、まあいろいろ勝手も違って戸惑う方もあれば、楽しむ方もあったりのことでしょう。

もともと完全予約の入れ替え制ですから、ばっさりお客さんが壊滅的に減った業種とは違って、想像よりもずっと元気に再開していますよね。

実は、たとえばなかむらさんや小浜田さんと4月も5月とまるまる会っていませんでした。完全二ヶ月ぶりでも、やあ久しぶり、なんて挨拶すらもなく、当たり前に各々のお仕事を再開できる関係が、嬉しいです。個人事業主であるプロ野球選手みたい。

五月中に教室作りのためちょこちょこと顔を合わせていたクボフミトも、ようやくラジオを始めてくれましたし(実際は春からですか)、当初から期待の役どころが埋まっていく感じです。

で、講師春奈鈴の引退報告がぎりぎり一ヶ月前、になってしまったのは、さすがにやはり遅かったかな、という反省も踏まえて、出来るお話は早めにしておこうと思いました。


うたわないコースのなかむらのぞみは、2021年以降は教室には来られません。すなわち、毎週通っている皆さんも、新規で通ってみようという方も、残りはなんと早くも半年間になります。

ですからこの残り半年の期間、なかむらのぞみのうたわないコースは、入会金年会費なし、で募集します。来年以後継続希望の場合は、オンラインレッスンのみになりましょう。


あれ。こうして明文化して気がつきました。なかむらのぞみ、シブイさんやめるんだったっけか。どうも近頃忘れっぽいので、今後の補足記事に期待しましょう。

で、こういうお話、スタッフ間でもしてないケースが多いせいで、小浜田さんあたりがまた、驚くのではないかな。いやこの件は話してあったっけか。それも思い出せない、この頃です。

さようなら四谷教室

ついに四谷教室が空っぽになりました。4月からの計画では、6月の1日と2日で引越しの上、1週目で原状回復および退去を全て終わる予定でした。

そうそう、どうして四谷教室を閉じたかといえば、結婚したのでもう新規のレッスンを増やせないし、シブイさんに迷惑をかけないよう可能な限り早く辞めたい、という講師春奈鈴の意向と、その後を引き継ぐ人がいなかったため、賃貸借契約を慌てて解約したのでした。急で驚かれた方もあったかもしれませんね。

思えば水道橋教室の時代はとても貧相な設備なうえに、なかなかお仕事を供給できずに出来高払いの薄給を強いてしまいました。なので、せめて彼女にとって便利な場所をと探して作ったのが四谷教室でした。

元来上下関係の嫌いな私、すべてのスタッフとは今も昔も雇用関係のない業務委託の関係です。期限も明文化したことはありませんが、今回は5月末までと合意していました。

ただ折悪く、緊急事態宣言下で運営の見通しが立たない私の気分のせいもあって、悲願の結婚引退なのにお祝いのひとつも出来ずじまいでした。

ですからおおいなる慰労とお祝いの代わりに。責任を持って私が教室を片付けましょう。彼女は見た目よりずっと家庭的で、専業主婦志向だったのだから、めでたしめでたし。とにかくお祝いです。

(四谷メモリアル)木っ端のみ活用の自作デスク

という気持ちで5月末に四谷教室に出向いたところ、清掃はおろか不用品が山積。これは2日間では終わりません。やる気とは裏腹に、急に左足が痛くなって片付け戦力としては自ら戦力外に陥りました。

また一方、私自身も二年ぶりの新規募集も含めて通常レッスンを再開させて来ました。それがため清掃、退去が予定より3週間も遅くなってしまいましたが昨日無事、片足を引きずりながらマスターキーを返還してきました。

四谷三丁目駅の真上。いい場所でしたが、私にとっては交通不便ですし悔いはありません。さようなら四谷。四谷には会社員時代から縁がありましたが、しばらくは疎遠になりましょう。

同じタイミングで、クボフミトが神保町にシブイの看板で教室を開いてくれました。もちろん、私は春奈鈴同様に、シブイオンガクスタヂオなんて屋号、使いたくないだろう?独立すればいいんだよ?とあらかじめ打診はしていました。が、今年時点の彼はシブイオンガクスタヂオ神保町教室、という看板を作ってくれました。シブイオンガクスタヂオ、16年半。歴史が作られていくような気分です。

渋井銀三郎

リニューアル

シブイオンガクスタヂオ、サイトリニューアルいたしました。現時点のスマートフォン用途に対応した、という言い方がもう随分古くなるわけです。ほとんどの方がスマートフォンでアクセスされているのですから。

しかし、そういったものの進化は速く、流行の波は激しく、完成当初はまあまあ時代に即応しているかに見えていても、ほんの数年後には古くなってしまうものです。昨年スマホサイト、を別建てて作っていたのもその理由です.

とはいえ、そんな投資がポンポンと簡単にできるはずもないシブイオンガクスタヂオです。昨日体験レッスンにいらした女性は、過去にたくさんのサイトを見て、実際に行ってみて来たそうですが、やすい。とおっしゃっていました。

やすいかもなあ。なにせこの価格、2010年に水道橋と飯田橋にに教室体制になった時スタッフから、1枠5000円にしましょうと言われていました。10年がかりでやっと、到達したのですから、私自身の貧乏性癖が原因なのです。

私の言い分は一貫しています。だってやすいほうがたくさん通えるじゃん。本当はひとりでやれることがあるにも関わらず、ひとりでは出来ないから通うんだし、ならば安くないとダメじゃん。というのが、私の理屈です。

新しいサイトには、渋井銀三郎会長のお言葉も載っています。たまにはみなさん、眺めてください。

レッスン再開

こんにちは

マボロシの講師・小浜田です

6月からレッスン再開しています

スタジオの間にビニールのカーテンを張り
フェイスシールドかマスクを着けて
換気時間を十分に取り

万全の体制でレッスンしています

体調悪い人は絶対来ないで下さい、との連絡もしています

マスクやフェイスシールドは
今までと違い、歌いづらくはありますが

マスクで口が隠れていても
私には
出している声で舌の位置や口の形は分かるので
特に問題はありません

正しい顎の位置の目安も分かるし、なかなか役に立っている感じもします

何でも良い様に利用出来るものだなぁ、と思います

それに

このコロナ禍で

人々の意識がずいぶん変わりました

電車の中で
マスクなしに咳をする人がいなくなり
咳をしながらレッスンに来る人もいなくなりました

私は歌を始めた25年くらい前から

マスクなしで咳をする人はテロリストだ
と断言していたのですが

その頃は「こはまださんは神経質」
と言われ虐げられて来たのです

しかし
ここに来てやっと
時代が私に追い付いて来た

そう
具合悪い人は出歩いたらいかんし
マスクなしで咳をしてはいかんのですよ!

そんなの100億年前から決まっていたのに

やっとやっと

という事で
体調管理は徹底して下さいね

免疫力を上げて下さい

歌にはいちばん必要な事です

万全の体調で
レッスンを、歌を

楽しみましょう

絆という言葉を文字を避けて生きてきた

あれは、何月の出来事だったでしょうか。そんな簡単なことすらこうして簡単に忘れてしまう私ですが、先ほど、お互いさま、という言葉を記事に書いて、内容の残念さもありましたが、気分を変えるために全く関係のない話を書いてみたくなりました。

 

ここには、ボイストレーニングや、教室にまつわる話だけを載せておこうと思っていたので久しく、個人的見解や思い出話などは別のところで書くようにしてきました。殊に私自身は新規生徒募集を2年にわたりお休みしていますから。なんだか久しぶりです。

 

なにかしら大きな災害が起きたときに、いろいろな場面、会合、それからさまざまな個人発信の言葉の中に、絆という文字が散見され、いや今後の論調で言えば、濫発をされてきました。この風潮をセンスを、鼻で笑う態度で生きてきました。

 

理由は簡単です。もっと大事に使おうよ。私は慎重ですから誤解がこわくて、愛という言葉すら自ら綴る歌詞に使うのを躊躇うくらいです。それと同様です。(慎重な人がシブイオンガクスタヂオを名乗ったりできるものだろうかという疑問は、ふとよぎりましたが。)

 

一行目に話を戻します。あれは何月の出来事だったでしょうか。トイレットペーパー売り切れになっているらしいよ。ええ嘘でしょ見てみるよ。この東京ど真ん中、とてもじゃないけど住んでご覧と言われても住めない地価地域のスーパーマーケットに行ってみて驚愕。

 

ないじゃん。トイレットペーパー。ティッシュまでない。マスクもなぜかない。どころか笑っちゃう。お米も?インスタントラーメンも?もはや面白くて、その時点でも売れ残っている商品名を記録しておきたくなるくらいの悲惨な棚事情でした。

 

案の定、ちょうど今切れそうだったから今うちに1ロールしかないんです、という生徒さんが現れました。たまたま買ったばかりのタイミングだったので差し上げました。それから、マスクがもう一ヶ月買えなくて持ってないという方にも、貰い物ですが、と差し上げました。

 

あるいは、もう電車の中じゃマスクしてないと怖い目で見られるよ、と言いながらも、もう売ってないし持っていないですという人に、二枚渡しました。とにかく持っていなさいと。いったい日本てのは、どんなに貧しい国なんだろうと思いました。

 

マスクだろうが紙だろうが、本当は有り余るほどあるんです。それも知っているはずです。でも、ないないないと駆けずり回ったり開店前の店舗に並んでいます。どうしようもなく、暇なのか。それとも、まるで孤独を楽しんでいるのでしょうか?

202051095728.png

有事に際して皆さんが絆という文字を掲げるたびに、私はきっちりと目をそらすひねくれ者です。そんな私のこういった口ぶりを見て、マスク、トイレットペーパーが集まってきてしまいました。これを私は絆ペーパーとふざけて呼んでいます。

 

でもいざ自分が困ったらどうするつもりか?と問われたら、親戚でもないし同僚でもないし特に仲良しでもないけど、お向かいの高梨さん宅にいって、恵んでもらうつもりです。それくらい許して貰えるように挨拶は勿論掃除もするし、雪かきだってします。

 

こんなの絆未満です。きっとどうにでもなります。

 

お金はあっても貧しいな、と心から思うんです。厚生労働省からマスク二枚が届かなくたってほとんど一般の人は困っていません。万一届いたらそれは黙って困っている人のところへ持っていけばいいんです。皆さんもはやお得意の検索をすれば、その先も見つかります。

 

私たち講師陣はたまたま、歌をやっています。簡単に言えば売れやしない歌を歌っています。その存在価値の可否は別として、普段は欲張らずとも時々、ライブ会場にできるだけ人がいてくれた方が、会場使用料の足しに助かる場合があります。

 

自分の歌を誰かに聴いてもらおうと思ったら、それなりの関係を築いておくことが大切です。本当に大好きならともかく、そうでもないとしても、あの人が喜ぶなら今回は聴きに行っとこか、と思って足を運んで貰える関係は、きっと無駄ではありません。

 

世の中、そういうことだったのか、と思うこともあれば、そういうことじゃありませんか?と言いたくなる時もあります。私はだいたいにおいて少数派に括られるタイプですが、時々、あれ少数派の方がもしや生きやすくはないかい?と思う時があります。

そういう自分の実弟が、マスクを求めてドラッグストアを12軒もはしごしたというのですから、当然意見も合わず寂しくもなり、生きやすいというべきなのか生きにくいというべきなのか、わからなくなります。

まずは気軽に体験レッスンをどうぞ
  • 皆とわいわいやるような ボイストレーニングは苦手…
  • 年齢が高いけど 大丈夫?
  • 腹式呼吸を活かした 発声をマスターしたい
  • ほかのボイストレーニングに 通ったけど、ダメだった…
  • 歌うこと・話すことが 苦手だけど、克服したい!!
  • 練習の成果を 生演奏の発表会で 試したい!
  • カラオケ教室じゃ 物足りない!
体験レッスンの予約はこちら