ホーム>東京ボイストレーニング教室のブログ>本当にただの日記>今年も無事に忘年会を終えた
本当にただの日記

今年も無事に忘年会を終えた

忘年会を終えた。という一見なんでもない言葉の中には、実際、教室が年を越すことができるか、という不安とともにあった年月への感慨が含まれてしまいます。具体的には、自分以外の講師給与と来月分の教室の家賃を確保、光熱費ほかホームページ制作費などの割賦払い分が引き落とし銀行口座に残っているかをうかがいながら、自分の自宅の家賃とあと、どれだけ現金が作れるだろうか、という不安でした。

 

そんなでしたから別段もともと、教室の忘年会が必要なわけではありませんでした。宴会などやっている余裕はなかったのです。それでも、世間並みに社会と関わってみたかっただけです。それだけなのです。起死回生のアイディアは、発表会のように伴奏をする時間を作れば、皆さんから少しずつでも多めにお支払いいただいて、自分の負担なく開催できます。そんな目論見でした。つくづく貧乏はいやだな、と思ったものでした。

 

今やありがたいことに、皆さんにお集まりいただけただけでなく、実にばかばかしく楽しい演し物を次々に繰り出してくれて、楽しい1日を過ごすことができます。今年もすごかったな、みんな。もちろん、年を越せるかどうかの不安もなく。ありがとうございました。そう、忘年会くらい、毎年やれるようにがんばりましょう。

 

今回は、MCを長めにみなさんにお願いしました。ゆえに、想像をはるかに超える長丁場になってしまいました。が、よくあるピアノの発表会やカラオケ教室の発表会みたいな、舞台上は流れ作業、時間通りに進行するのが使命、目的は集金、みたいな催しとは、「対照的な実り」のある時間になっていたかと思います。

 

ペンつまんへー.jpg

そこで話は来年38日日曜日真昼間の企画になります。

 

忘年会の三日ほど前にこちらで紹介しました。15分程度の枠をあっという間に感じさせるべく準備を頑張る発表会シブイショーケース一般の部 於 池袋FIELD。の出場参加者を募ります。二ヶ月前を出場申し込みの締め切りとしましょう。18日かな。出場資格は会員。出来れば生演奏のできる方。できなければ石村が伴奏をします。忘年会で、自分で演奏するのが心細い何人かの方は僕の伴奏といっしょにギターを弾いたり歌ったりした方があったかとおもいます。あの形も、ありです。参加ご希望の皆さん、ご連絡をお待ちしていますね。

 

これから年末年始になります。忙しくなります。みなさん身体にお気をつけて。私自身、仕事納めの翌日にインフルエンザになったのが一昨年のことでした。あの教訓により、もう無理はしません。ことに今年は風邪をひくどころか、年末年始に歌わねばなりません。あ。今思い出した。年始は売り切れですが年末は空席だ。1227日金曜日はクボフミトと一緒に池袋FIELDで歌います。絶対みなさんお忙しいでしょうけれど、世の多様化は著しいので、暇な人も必ずありましょう。お暇なら来てよね。サービスはありませんが。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cvongaku.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/987

ページ上部へ