ホーム>レッスンの様子ほか

レッスンの様子ほか

自分の歌声-1-

自分の歌声-1-

ご自分の声を、じっくり聴いたことがありますか?普通の生活の中では、そんな機会は滅多にないものです。最近は、カラオケで録音が出来たりしますから、そ れで聴く機会があるかと思います。或いは、バンド練習をなさっている方は、練習の録音をしたものを聴くことがありましょう。

そして大抵の、慣れていない場合は、自分の声とは思えないといった印象を持つことでしょう。本当にこれ、自分の声?という素朴な感想が得られましょう。歌に限らず、お喋りでも、朗読でも、確認できます。これには原因があって、実はたいていどんな人でもあてはまるのです。

自分の声をなんとかしたい、と思ったとき、有効なのが、録音してみることです。自分の声って、こんな声だったのかということを認識することから、どういう 風に声が出たら良いかなとイメージすることが大切です。どんな風にでたら良いかなと、夢想することが大切です。もちろん、声帯や骨格が原因で、誰々のよう な声を出したいという希望には、限界がありますが。故にまずは冷静に、録音した自分の声を聴くことに慣れてみましょう。

結果として、自分の発している声が、録音したそれと、同じになってくるという状態は、非常に自分らしい、良い発声が出来ている状態です。これを目指してみましょう。敢えてここでは、何故に自分の声が録音されると違って聴こえるのかについては、述べないでおきます。

 

 

お散歩

お散歩

お散歩もいいはずですよ。しかしこれは、一例に過ぎません。世の中には、運動不足を自覚してもなかなかそれを解消出来ずにいる人が少なくありません。なにごとに於いても運動不足って、うまくいかないときに実感するものです。

ボイストレーニングは、トレーニングと呼ばれるだけに、身体を使います。そもそも、身体の一部に頼った偏った疲れやすい発声ではなく、身体全体を使って楽 に発声するのが目的です。そのために必要なことは、発声そのものに使うとされる身体の部位のみならず、全体に満遍なく意識が浸透するように、出来るだけ身 体全体を「動かし慣れて」いて欲しいということです。

もともと跳んだり走ったりが苦手な方もいらっしゃいましょう。この絵を描かれた方も実はそ のてでした。手っ取り早く身体を動かすには、散歩はいいでしょう。という言い方をしてみました。無論、昨今では朝に夜に歩いている人を見かけますから、歩 くだけでも運動と呼べるわけです。

で、出来たら、どういう運動をしていただきたいかと言えば、第一に、全身をやわらかくしてあげるようなこと。第二に、酸素を沢山出入りさせるようなこと。よろしいですか?呼吸が大事、と言うならば、沢山の息が使えるようになると良いわけです。その為ですね。

ここにいらしてる方で、週末にダイビングを始めたんですと言ったその週から、ものすごく声の伸びが良くなってしまった方がいらっしゃいました。泳げなかっ たので水泳に通い始めましたと言ったその週から、やはり息の通りが良好になった方がいらっしゃいました。なんでもいいんです。なわとびをやってごらんとし つこく勧めたら、即その効果を認めた方もいらっしゃいました。なんでもいいんです。ただ歩くから始めて、もの足りなくなって更に何かを始めたくなるかもし れません。

 

 

ごきげん先生

ごきげん先生

さて困りました。こんなことでいいのでしょうか。という絵が出て参りましたね。この絵の通り、いつも講師が長々と喋っていたら、これはレッスン代返せっと 言いたくなるような事態です。確かに、これでは困ります。勿論、ここに掲載するくらいですから、意味のあるお話です。そして、ごく稀に、この絵のようなこ とがあったのは事実です。

しかし、こんなことでは困ります。が、シブイオンガクスタヂオでは、レッスンは基本的に一時間枠で行っております。ま ず間違ってもこの様なことは最近はないのですが、これでも、30分は残りがあるということです。時間はあります。現に、過去に30分レッスンに通ってらっ しゃった方が幾人かいらっしゃいましたが、どうしてもそういった雑談の時間というのが発生するのだそうです。あ、自分だけじゃないんだと思う一方、そうし た場合、60分レッスンで、良かったと思うわけです。

では何故、雑談が発生するのでしょう。これは、簡単なことです。リラックスするためでもあるからです。現実には、生徒さんの話がこれくらいになってしまうことは、いつものことですし、極端な例で言えば、お話ばかりして帰る時間になってしまう方もいらっしゃるくらいです。

ただやはり、雑談により、心や身体の力が抜けることは確かです。そういった楽な時間というのも、レッスンの中に含まれているんだと、了解頂いています。逆にそういった時間を大切にされている方もいらっしゃるほどですから、難しいことはここでは、申し上げないことにしています。無論、講師側からお喋りが過ぎるということは、極力避けています。当然のことですね。

 

 

ページ上部へ