• facebook
  • twitter

レッスンの様子

10年後のツッキー

10年後のツッキー

久しく、追加更新がなかったこのコーナーですが、唐突に、新しいネタが参りました。

先生の指先

先生の指先

前項にも述べました通り、随分前に描かれた絵描きのツッキーさんによる素朴な実感を基にこの読み物は書き続けられています。ほとんど懐かしいほどなのです が、始めたら最後まで続けてみる。この姿勢で、この項を書き上げてみようじゃありませんか。多少寄り道でも。いや、もうここでは完全に寄り道してみましょ う。声の話などどこから始めたらいいのやら、というお題です。

ええ、私の左手にはギターだこがございます。皮膚の強さの都合だと思うのですが、本物のギタリストさんでもこんなご立派なものは出来ないのではないかと思います。このお陰で、左手指の方が右手指より長いです。いや、それは別段何の役にも立ちません。

このたこ、役に立つことがあるのです。私の爪は非常に柔らかく剥けやすく、いわゆる年中深爪の状態です。というのも、幼少からものをはっきり言い出す勇気 のない、常々忸怩たる物腰の男子でしたから、いわゆる、手慰み、に、指の爪を使って爪を剥くという癖がございました。恥ずかしながら、36歳の現在に至る までこの癖は続いております。故に、「缶ジュースを爪で開けられない」「CDなどのキャラメル包装を剥がすのが苦手」「蜜柑の皮を剥くためにはぶっつり指 を射さねばならない」「当然煙草の包みを開くのも困難」際たるところでは、「痒いところを爪で掻けない」という状態です。ここで、このギターだこが活躍す るのです。ギターを弾くと、少々直後は左手指先が若干剣をもった凸凹になります。これで背中を掻くのは、かなり快いです。程良く、痛くもなく、そし て、、、。いや、もういいです。こんな話で随分長く書いてしまいました。

 

 

半年後のツッキー

半年後のツッキー

実はこの文章は、随分随分前に、ツッキーさんが描いて下さったものを基に、書き足しているのです。半年後、というのは、おそらく2000年頃のことではないかと想像しています。(想像の域を出ません。出ようとしていないだけですが)

やれば出来るのですねぇ。と書いてらっしゃいます。まったくですね。その言葉は随分小さい頃から聞かされて来たものでしたが、大人になってから実感すると きが来るとは思ってもみなかった、という実感が私にもあります。この方の場合は、歌は好きだと思っていたけれど、手がかりとっかかりがないけれど、一歩踏 み出してみようと思い立って行動したところから始まって、面白くもないことでも、活きると思ったあるいは、そう言い聞かされたことを、「やってみる」こと で、得られた実感なのでしょう。

どんなことでも言い得ることです。たかがボイストレーニングです。やってみりゃ出来るってなものですと、まとめてみました。

 

 

舌をならす

舌をならす

別にこれが出来るからどうとか、出来ないからどうとか、いう話ではありません。ただ、出来るとしたら、いわゆる巻き舌発音が出来ることでしょう。

歌うだけでなく、喋る、でも言えることなのですが、しばらくすると、舌がかたくなってきます。肩が凝ると同様に舌が凝るわけです。これをならしてあげる と、なんと、舌がまた滑らかに動きそうな軽い感覚になります。擬音で書けばとぅるるるると言う感じでしょうか。ですから、準備運動ですね。

これ は、幼少男子が遊んでみることなのでしょうか。男性の多くは悩まず出来るのですが女性の殆どは、最初は出来ないのですね。理由は、やったことがないから。 或いは、もう忘れてしまったから。です。どういうわけか皆さんこれはムキになってご自分でやってみる傾向が強いです。なので、最初出来なくても、徐々に出 来るようになってしまうケースが殆どです。長い人でも、1年、2年、3年後に出来るようになったケースがあります。人間、出来なくてもやってみること。繰 り返してみること、で出来なくてもいいようなことなのに出来るようになるものです。

しかし、何事にも例外はあります。この絵のツッキーさんです。確かに、非常に癖が強く、皆さんに比して飛び抜けて普段声を出さないからじゃないかと、私は想像しています。想像の域を出られないのが残念です。

 

 

自分の歌声-2-

自分の歌声-2-

いつもいつも自分の声は同じであると言うことも出来ますし、いつもいつも自分の声は違うとも言えます。

何の話か分かりづらいですね。単純にしま しょう。自分の声は自分の声です。そうそう変わるものでもありません。当たり前ですね。しかし、声は、身体から発するが故、身体の調子に依存するものであ るということです。体調の違いによって、随分と違うという実感は誰にでもありましょう。と言うことは、日によって、更に言えば、時間によっても違うわけで す。寝起きの声と、日中の声は、毎日若干違いますよね。風邪をひいたり、花粉症の症状がでたり、お酒を飲んだり、これらは顕著な例でしょう。

しかし、プロの方はそんなことは言っていられません。いつでも、自分の声を出さねばならないのです。身体の状態に応じて、発声器官あるいは、発声の方法をコントロールするわけです。その為に、ボイストレーニングというものがあるとも言えるのです。

 

 

自分の歌声-1-

自分の歌声-1-

ご自分の声を、じっくり聴いたことがありますか?普通の生活の中では、そんな機会は滅多にないものです。最近は、カラオケで録音が出来たりしますから、そ れで聴く機会があるかと思います。或いは、バンド練習をなさっている方は、練習の録音をしたものを聴くことがありましょう。

そして大抵の、慣れていない場合は、自分の声とは思えないといった印象を持つことでしょう。本当にこれ、自分の声?という素朴な感想が得られましょう。歌に限らず、お喋りでも、朗読でも、確認できます。これには原因があって、実はたいていどんな人でもあてはまるのです。

自分の声をなんとかしたい、と思ったとき、有効なのが、録音してみることです。自分の声って、こんな声だったのかということを認識することから、どういう 風に声が出たら良いかなとイメージすることが大切です。どんな風にでたら良いかなと、夢想することが大切です。もちろん、声帯や骨格が原因で、誰々のよう な声を出したいという希望には、限界がありますが。故にまずは冷静に、録音した自分の声を聴くことに慣れてみましょう。

結果として、自分の発している声が、録音したそれと、同じになってくるという状態は、非常に自分らしい、良い発声が出来ている状態です。これを目指してみましょう。敢えてここでは、何故に自分の声が録音されると違って聴こえるのかについては、述べないでおきます。

 

 

お散歩

お散歩

お散歩もいいはずですよ。しかしこれは、一例に過ぎません。世の中には、運動不足を自覚してもなかなかそれを解消出来ずにいる人が少なくありません。なにごとに於いても運動不足って、うまくいかないときに実感するものです。

ボイストレーニングは、トレーニングと呼ばれるだけに、身体を使います。そもそも、身体の一部に頼った偏った疲れやすい発声ではなく、身体全体を使って楽 に発声するのが目的です。そのために必要なことは、発声そのものに使うとされる身体の部位のみならず、全体に満遍なく意識が浸透するように、出来るだけ身 体全体を「動かし慣れて」いて欲しいということです。

もともと跳んだり走ったりが苦手な方もいらっしゃいましょう。この絵を描かれた方も実はそ のてでした。手っ取り早く身体を動かすには、散歩はいいでしょう。という言い方をしてみました。無論、昨今では朝に夜に歩いている人を見かけますから、歩 くだけでも運動と呼べるわけです。

で、出来たら、どういう運動をしていただきたいかと言えば、第一に、全身をやわらかくしてあげるようなこと。第二に、酸素を沢山出入りさせるようなこと。よろしいですか?呼吸が大事、と言うならば、沢山の息が使えるようになると良いわけです。その為ですね。

ここにいらしてる方で、週末にダイビングを始めたんですと言ったその週から、ものすごく声の伸びが良くなってしまった方がいらっしゃいました。泳げなかっ たので水泳に通い始めましたと言ったその週から、やはり息の通りが良好になった方がいらっしゃいました。なんでもいいんです。なわとびをやってごらんとし つこく勧めたら、即その効果を認めた方もいらっしゃいました。なんでもいいんです。ただ歩くから始めて、もの足りなくなって更に何かを始めたくなるかもし れません。

 

 

ごきげん先生

ごきげん先生

さて困りました。こんなことでいいのでしょうか。という絵が出て参りましたね。この絵の通り、いつも講師が長々と喋っていたら、これはレッスン代返せっと 言いたくなるような事態です。確かに、これでは困ります。勿論、ここに掲載するくらいですから、意味のあるお話です。そして、ごく稀に、この絵のようなこ とがあったのは事実です。

しかし、こんなことでは困ります。が、シブイオンガクスタヂオでは、レッスンは基本的に一時間枠で行っております。ま ず間違ってもこの様なことは最近はないのですが、これでも、30分は残りがあるということです。時間はあります。現に、過去に30分レッスンに通ってらっ しゃった方が幾人かいらっしゃいましたが、どうしてもそういった雑談の時間というのが発生するのだそうです。あ、自分だけじゃないんだと思う一方、そうし た場合、60分レッスンで、良かったと思うわけです。

では何故、雑談が発生するのでしょう。これは、簡単なことです。リラックスするためでもあるからです。現実には、生徒さんの話がこれくらいになってしまうことは、いつものことですし、極端な例で言えば、お話ばかりして帰る時間になってしまう方もいらっしゃるくらいです。

ただやはり、雑談により、心や身体の力が抜けることは確かです。そういった楽な時間というのも、レッスンの中に含まれているんだと、了解頂いています。逆にそういった時間を大切にされている方もいらっしゃるほどですから、難しいことはここでは、申し上げないことにしています。無論、講師側からお喋りが過ぎるということは、極力避けています。当然のことですね。

 

 

リラックス

リラックス

リラックス、または、力を抜く、という言い方があります。ボイストレーニングの現場で、よく聞かれる言葉だろうと思います。

緊張を強いられる場面、例えば、おおぜいの人の前でスピーチをしなくちゃならないだとか、ライブのステージの上で歌詞を思い出せなくなってしまったり、 あるいは、カラオケボックスで、うろ覚えの歌を歌う機会、など、いろいろあります。そんな時、いつも以上にのどが渇いたり、汗がでたり、声が詰まったり、 声がうわずったりする経験は、誰にでもあることでしょう。或いは、ちょっと上手に歌っているところを誰かにみせたいと思って歌っている状態、などにも現れ ます。

さて、そのような状態では、自分の思った以上にうまく歌えないことに驚いたり、恥ずかしくなったりするかと思います。そうです。過度の緊張は、発声に於 いては、障害でしかあり得ません。ですから、発声するという場面に於いては、緊張しない、リラックスした、いわゆる力の抜けた状態が必要になります。

また、緊張というもの、自覚がない場合があります。「歌うときはいつもこうですから」と、だいたいの方がおっしゃることでしょう。ですから、こちらにい らっしゃる時は、余計な緊張のない状態で発声するということを、体験していただきます。シブイオンガクスタヂオが、靴を脱いで、上着を脱いで、まるで個人 の部屋のような様子を維持しているのは、その為でもあります。

 

なめらかな声

なめらかな声

ボイストレーニングによって、何がどうなるの?という根本的な疑問があって当然だと思います。ここだけでなく、あまたあるスクールのパンフレット、広告、ホームページ等にもある通り、いろんな言い方があります。ボイス、ですから、声がどうにかなるというわけです。

曰く、「つやのある」「伸びのある」「力強い」「きれいな」「透明な」などなど。これらは言い得ているとも言えますし、また人によっては、イメージしづらいこともありましょう。「つやのある声って、何よ?」そんな声が出ても不思議ではありません。

この漫画の通り、「なめらかな」という表現で、しっくりする方もいれば、実は疑問符を沢山浮かべながらの方もいらっしゃいます。誰にでも一元的に伝わる言葉など、そうそうあるものではないわけです。

ボイストレーナーたるや、それを伝え、実現し、実感して頂かなくてはなりません。なかなか難しいことです。そういう意味では、個人レッスンというもの、じっくりとそれぞれの皆さんに理解して頂くには最適な環境といえます。グループレッスンの模様などをテレビで紹介されているのを見る度に、思います。

まずは気軽に体験レッスンをどうぞ
  • 皆とわいわいやるような ボイストレーニングは苦手…
  • 年齢が高いけど 大丈夫?
  • 腹式呼吸を活かした 発声をマスターしたい
  • ほかのボイストレーニングに 通ったけど、ダメだった…
  • 歌うこと・話すことが 苦手だけど、克服したい!!
  • 練習の成果を 生演奏の発表会で 試したい!
  • カラオケ教室じゃ 物足りない!
体験レッスンの予約はこちら