• facebook
  • twitter

石村吹雪

一度は通ってみたい音楽教室特集で紹介されました

当教室の電話応対事情について

こうしてサイトを公開して営業をしていると、いろいろな業者さんからの問い合わせがあります。当然のこと、電話番号を公開しています。こうすると、実にいろいろなところから電話がかかってきます。

それは当然のことですけれども、開業当初より今に至るまで、事務員受付電話応対のスタッフなどがいるわけではありません。いつだって相場平均未満の価格設定をしてきましたのは、門戸を広げるためでした。事務員の時給や広告費や飲み会の飲食費を確保するためではありません。

発声ひとつで生活が変わる、ということを図らずも体験してきた私が社会貢献するために必要なのは、ボイストレーニングにおける高い音楽性などではなく、発声という当たり前に近い運動の及ぼす影響の汎用性を伝えることでした。

なんてことを開業以来十八年、書き続けてきました。おそらく、そりゃあユニークなことでしょう。

話を戻します。

かかってくる電話にいちいち出ていると、レッスンができないのです。だからいっとき、電話線を物理的に抜いていました。

抜いている期間は、ほんの気まぐれに差しておいては電話に出ました。(それくらい電話って、多いのです。)おかげでこれはほぼ奇跡のような確率なのですが、それ故に、奇特なご縁にいたる場合が多かったものです。普段は電話線を抜く、これはとても有益な生き方だと知りました。

しかしそれを知る前、すなわち物理的にコードを抜く前は、私の場合、大抵先方のお話を聞いてしまいます。留守番電話になる前に出てしまうのです。流れで訪問を受けてしまいます。その結果のみを書かせていただきますと必ず、無益な買い物で何年も苦労を強いられます。最も大きかった痛手は一例を挙げれば、電飾看板でしたでしょうか。

もちろんそういった営業ばかりではなく、ボイストレーニングに関する問い合わせ電話、というのもあるのですが、ホームページに書いてあることを一切読まずに電話口で尋ねようとする方ばかりが電話をかけてくるもので、これがまた営業妨害的に時間を食うものでした。という結果、電話には比較的にがい記憶ばかりになります。

2022年現在は、留守番電話にして、それに出ないでいても気が咎めなくなりました。人は案外、慣れてしまうものです。

さておき。

今どきの企業の営業活動は電話よりも、ダイレクトに問い合わせフォームからメールをいただくことが多いです。これは便利です。返信しなければいいだけですから。

これも実際のところ、ときどき返信をさせてもらいます。そのひとつを近い例で言えば、PayPayだったりします。便利ですね。

ようやく本題です。

一度は通ってみたい音楽教室特集、というサイトからのお誘いでした。曰く、

御社教室をHPにて拝見し、大変素晴らしい教室だと感銘を受け、ぜひ弊社サイトに無料で特集させていただけないかと思い、ご連絡差し上げました。

いいこという。いいこと言う。大手教室だけじゃないよ、ちゃんとうちのような零細だってJASRACから音楽使用料を毎月請求されてお支払いしているくらい真っ当なんですから。そして、これくらいの教室が性に合う人って少なからず必ずいるんだから。いなかったら、こっちもとっくにつぶれてるんだから。と言うわけで、

ダイナ音楽に弊教室が特集されました!下記リンクより、ぜひご覧くださいませ。

https://dynamusic.jp/school/tokushu/

個人的に、コロナ禍という常套句が嫌いで使用を避けてきていますが、シブイオンガクスタヂオも大打撃を被ったまま二年が過ぎました。さすがにコロナ以前より低所得には慣れきっていた私も、そろそろ、世の中と同調して、以前のような活気を取り戻しても、いいかな?いいよね?呼吸はするよ、歌も歌うよ、比較的大きな声を出すよ。

そういうタイミングでしたので、返信対応のうえ、より広いマーケットへの紹介をお願いすることにしてみました。あしからずご容赦ください。

ありがとうキャンペーンを思いついた

ボイストレーニングに通うことによって声がはっきりと通るようになったり、いや、声色が明るくなったり、響きが心地よいものになったりしたおかげで、

いい声ですね、

なんて言われることが、ありませんか?もちろん、ある、という方が複数いるからわざわざ書いているのですが。

そんな素晴らしい会員のあなたに、シブイサイトへのリンク二次元バーコードが印刷された名刺サイズの特製カードを配っていただき(もちろん裏には皆さんのサインを忘れずに)、そのかたが巡り巡って入会された暁には、入会金年会費から10%差し上げよう、なんていう作戦を考えました。

お友達紹介、じゃないのです。いいって言ってくれた人を紹介するだけなので、いわゆるお友達紹介キャンペーンではないのです。いわば、褒めた人紹介キャンペーンなのです。お友達じゃない分、気楽とも言えます。

しかも、みなさん平時からいい声を意識的に使うようになる、という素晴らしい利点もあります。

そんなことを思いつくほど、シブイオンガクスタヂオも、疫病禍の中で命からがら生きながらえています。

なんか、素敵なコピーを添えた名刺サイズのカード作りたいな。久しぶりにペンギン制作のツッキーさんにお願いしようかな。

なんてことを考えている三月でした。考えているだけで四月になってしまいましたが。

ここで話が終わりそうなので、例によって個人的な経験から申し上げますと。

私の場合は、小さい頃から声が小さくて、何を言っているのか聞き返されることが多く、そんな癖がたたって、歌っている間のいわゆる滑舌も悪く、長年苦労をしました。

ボイストレーニングに通い始めたのは26歳で、28歳から講師を務め、30を過ぎた頃に、生まれてはじめて、いい声ですね、と唐突に生徒さんに言われたのを思い出します。(本当は、30を過ぎた頃だったか過ぎていなかったか、それが誰だったかも思い出せないくらい遠い過去になってしまいました。)

けれども、若い頃から歌が上手だったり、いい声だと褒められたことは一度たりともない人生だったのは間違いありません。事実、講師になった頃はよく、若い生徒さんから皮肉まじりに、先生ほどの腹式呼吸の達人ともなると、だとか、先生に教わっていても上手くならない、と面と向かって言われたものです。素人の若者は正直です。真摯に受け止めました。

だものですが、いつの間にか、喋り声や歌声を褒められることはとても増えました。それを今になっても当たり前と思えない卑屈さが私の私たる所以ではありますが、つまり何が言いたいかといえば

声は確実に変わる

ということです。しかも、いい方向に変わります。褒められるんですよ。信じられません。未だに親族はそれを信じないほどです、なぜ親族を引き合いに出すかといえば自分自身だけではない客観的な判断に基づいて、声が褒められる筈などない、出自だったのです。くどい。

変わるんですよ。そのメリットは、書き出せばキリがありませんし、散々書いてきたので、割愛します。

カレンダー開発によって

カレンダー開発によって

前月の記事の続きです。残念ながら、私を止めてくれる新規ご入会の方がありませんでしたので、快調に空き時間、作業をしてきました。そして二月は、あっという間に終わってしまいました。

もちろん暦のせいという話ではなく、比較的忙しくない今のうちに、環境整備をしようと思ってはじめたのが、プログラミングでした。無論、そんな大袈裟なものではない、趣味レベルですから大きな声では言えないのですが、何せ暇だし一銭にもならないのにこれくらいしかやっていないし、という惑乱気味な気持ちで書くわけです。

しかしこの作業、不思議なもので没頭のあまり、何もかも置き去りにさせてくれるのですね。危うく始業の時間に遅れるのではないかと慌てた朝もありましたし、レッスンの合間にやっていると、レッスン最中に決定的ロジックを思いついたりして。挙げ句は結局、うたの練習をする時間もなくなってしまったり。

このままでは遺憾。もう、やめよう。やめにしよう。三月中は一ヶ月じっくりテストにしよう。だって慌てる必要もないのです。まだまだ、そうだボイストレーニングでもやってみるか、と思い立つ人は出て来ない季節なのです。



というわけで会員の皆さまは、会員専用のページを伝ってスケジュール表示がテスト中ですので、ご覧ください。Googleカレンダーがたまに見せる面倒な認証など、ございません。サーバーに不具合でもない限り、シンプルにご覧いただけるようになりました。

内部的には、いろいろな不正確さを解消する仕掛けがあるのですが、それをここに書いても致し方ないのが残念ではありますが、まあそこは存分自己満足したいと思います。

このまま没頭していたら、いやーなニュースも全部気がつかないで春になり夏になってしまいます。夏になる頃には、小さな発表会でもできたらいいなと考えている2022年です。

 

 

二月のお仕事

もう二月でして。

すっかり、遠慮なく唾を飛ばしあって歌うことのままならぬ世の中になって久しいこともあるのか、新規お問い合わせは2年前までに比して格段に減っていることもあり、穏やかな日々が続いております。ボイストレーニングのシブイオンガクスタヂオです。

代表の私には、教室を大きくしたいという欲望とか目標が元々皆無なため、講師の増減に応じて変わるよ納税額、くらいしか気になることがありません。それでも、去年の自分よりも今年の自分の方が年齢を重ねた分程度の変化というか進化とか成長というか、まあそのような実感はあった方がいいよな、とは思っています。

そこで、業務効率化のお仕事でもでっち上げようと、ここのところは空き時間、鼻歌も歌わずにネットにある便利な記事を首っ引きにプログラミングの日々です。寒いし、日曜大工なんかやったら悴んだ指を怪我しそうですから、最も季節に適した作業かも知れません。

現在、体験レッスンの申し込みは、講師が空いている時間について売り出しを行って、クレジットカード決済をしてくれるサイトを通じて受け付けています。これによって、以前は多発した、体験レッスンの当日キャンセルという由々しき事象が激減しました。実に喜ばしいことです。

しかし、教室規模の縮小を余儀なくされた2020からの圧倒的売上の伸び悩み事情から、必然的に各種手数料が惜しくなってまいりました。また、Googleを利用したレッスンスケジュールも、Googleの事情一つで、エンドユーザーが困惑するような事態も続発するに至り、これもやりようによっては内部事務作業の合理化が叶うではないか、と気がついてしまいました。

てわけで、体験レッスン申込受付とレッスンスケジュール掲示、及び各講師の報酬計算までのデータの一本化と手数料の削減を目指して、社会人デビュー三十周年の私は動き始めました。もう、誰も止められません。止められるのは、新規ご入会の皆さんがただけです。

モデルナ三本目注入で不死身の身体を手に入れましたが、これは四十肩かと思わせる痛みの中、というよりは二時間経っても気温が二桁まで上がらない木造家屋の自宅において、こごえながら少しだけやけっぱちな風味で書く祝日ブログでございます。

2022もよろしくお願いいたします。

今ごろ、今さら、の1月半ばですが、

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

また、疫病禍ということですが、昨年自治体の意向に従って長期にわたり存分に営業休止をしましたので、その分今年はお休みいたしません。言うまでもありませんが、教室物件の賃貸契約更新もありますし、教室はお休みするほど存続の危機に陥ります。

さておき。

年のはじめにお問い合わせのメールをいただきました。

返信もいたしましたが、大事な内容なのでここにも記しておくことにしましょう。

質問1 レッスンは個人レッスンでしょうか?集団でしょうか?

https://www.cvongaku.com/

こちらをご覧ください、完全個人レッスンにて、行っています。

質問2 レッスン料は都度払いでしょうか?

https://www.cvongaku.com/contents/category/fee/

こちらをご覧ください。完全予約前金制となっております。

質問3 声優になるための基礎作りには対応していますでしょうか?

https://www.cvongaku.com/

こちらをご覧ください。基礎をこそしっかりやる、を目指しています。

声優を目指していますとか現在養成所に通っています専門学校に通っていますという方まで、わざわざシブイオンガクスタヂオにお問い合わせいただく方や体験レッスンをお申し込みする方は、ほぼ全員基礎がおろそかです。長年の経験から察するに、専門教育機関では教えてくれないし、YouTubeではピンと来ないのです。

なのでお世辞にも大きな教室には見えない、と言うより零細教室のシブイオンガクスタヂオは、

基礎をこそやります。という姿勢で19年目に入りました。

https://www.cvongaku.com/contents/category/trial/

こちらから是非一度、体験レッスンをお申し込みください。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

シブイオンガクスタヂオ飯田橋教室

石村吹雪

忘年会を開催できました。

12月4日土曜日シブイ忘年会、無事開催できました。今年は明けるなり緊急事態といって、宴会どころではない一年でした。おまけにオリンピックなどというものがあり、都民の生活は脅かされもしました。災難だったなあと、東京の真ん中で振り返るわけです。

神楽坂の居酒屋に発表会帰りの楽器を携えて宴席ができるなんて、思えばことしの夏には想像できませんでしたね。できましたできました。めでたしめでたし。

ただの忘年会です。かしこまっていません。発表会でもライブでもないのでお気楽です。そういう場所を踏んでおけば、のちのちのためになりましょう。それくらいの企画です。とはいえ、参加の皆さんの多くはうたうまでの時間、緊張感がありましたね。大丈夫。シブイには伝統のイイヨーカードがありますもの。

また、退会、というか海外にいた子たちが顔を見せに来てくれたりしまして、嬉しいものの、いつの間にか田舎の爺さんになっちまったような気分でもありましたね。シブイも18周年です。

いろいろな妨げが何度もやってきて叶いませんでしたが、来年こそは忘年会だけでなく通常の楽芸会を、あたたかくなった頃に開催したいと考えています。と同時にそろそろ、これまた久しぶりに講師養成に本腰を入れようと思います。

 

お集まりの皆さん、ありがとうございました。うまくできてもうまくできなくても、楽しい時間をありがとうございました。次の機会を、みんなでまた作りましょう。また、多少でも不服の残ったかたがあれば、次の機会をうかがっていてくださいね。まさにこれぞ、真の意義です。

あたりまえの師走が来ますように

ごきげんよう、石村です。

CD900STで耳を閉塞密閉して小浜田知子門下生コンサートを聴きながら(買ったよ)、書いております。うん。すごいヘッドフォンだ。聴こえすぎるくらい聴こえてくる気がします。

ここのところこんなことばかり書いていますが、やはり教室に発表会はつきもの、いやいや、おまけみたいな言い方以上の価値があります。

やっぱりみんな練習しちゃうものね。来週私が企画している、たかが忘年会(兼発表会)に向けても、皆さん練習しちゃってるものね。

シブイオンガクスタヂオとしての発表会の形式は変異してきています。教室規模の拡大がすなわち成功とも思えない事情です。気が向いたらご覧ください。

おお、まさに今も、ツイキャス再生中の耳には朗読が聴こえてきますよ。

ボイストレーニングの成果として歌唱の発表は一般的です。しかし、朗読コースやうたわないコースがある以上、語りの形式があって当然です。さらに神保町教室のオンライン発表会でも、歌唱以外の新しいアイディアが展開されています。多様でとても面白いなあと思うのです。見て聴いてもらいたいと思うんです。

かと言って、例えばこの面白さを短くアピールする動画を作るために、取捨選択したり順番を入れ替えたりちょんぎって編集、だとか、あと優劣を判じて取り上げるとかも、つまらないと考えてしまうのです。その日のその場に向かって準備したその結果のあるがまんまの人間が、面白いわけでね。

だから、2、3時間で楽しめる分量だけ、こうして各講師分派開催されているのは、有意義だと思うのです。カラーもあるしね。しばらく疫病騒ぎで通常の形式ではとても開催不能でしたが、無観客配信という形式がこのように確立された今、これもいいじゃんと思います。

思い出すのは、2020年3月の企画。出演者も観覧者も急遽来場辞退の続出で、目の前真っ暗でした。あの日のために一生懸命準備したみなさんだったのに。しかしあの春以後、ライブハウスには無観客配信の設備が整いました。今やそれを積極的に活かすことができます。無論、配信されたくない方もありましょうからやり方は考える必要がありますが、聴く人のいない発表会には意味がないのも真実です。

配信を見ながら、つらつらと書いてしまいました。来週は、私たちの番ですね。楽しみです。慣れ親しんだ、あたりまえの師走を楽しみに。

 

2021シブイ忘年会

今年も無事に十一月になりました。

帰り道の秋風の冷たさに武者震いをする頃になると、今年もなんとか越えられそうかもな、と必ず思います。石村吹雪です。

年が明けるなりに緊急事態だとかで、各種イベントは不全な形で行われたり、あるいは全く行われなかったりの一年でした。

シブイオンガクスタヂオもその異常なる空気に飲まれながらも、しぼみはしてもつぶれはせず、嬉しいことに希望を絶やすことないまま、冬を迎えます。

さ、今はチャンスかも知れませんね。

私たちにとって禍々しきこと空前絶後な事態は今、薄らいでいます。久しぶりに、やってみようじゃないか、忘年楽芸会。昨年はオンライン参加という形もとってみましたが、今年はそれは見送る予定です。

演奏参加者は、歌でも語りでも演説でも、いや発声にこだわらず、器楽演奏でもいいです。あと、退会・休会中でも、ご連絡いただければかまいません。例えば十年ぶりに現れてシブイさんを驚かすのも結構です。ただし、11月中にご一報ください。

シブイ忘年会2021

期日 12月4日 土曜日 12時から16時
場所 神楽坂マッシュレコード(〒162-0808新宿区天神町15京ビルB1F TEL03-3269-5120)
参加 どなたでも
会費 観覧参加 1000円 +ドリンク500円から
   演奏参加 ※3000円 +ドリンク500円から
   (伴奏、採譜お駄賃は別途伴奏者に願います)
   ※参加者の数によって多少の増減はあります。
持込 自由(1ドリンクオーダー以外は現在の常識内でご自由に)

 

あらためて記した理由は

実は、新規感染者が絶えない状況では遠慮がちにシブイオンガクスタヂオの講師ごと個別開催の範囲を想定していましたが、今、久しぶりにおさまっているうちならばと、シブイオンガクスタヂオ飯田橋教室、神保町教室、全員を対象に参加募集をいたします。

演奏参加の枠がまだ、数人分程度は余裕があります。参加希望される方は担当講師の枠を超えてどうぞ、お申し出ください。何せもう残り一ヶ月ですので気張らずに、お気軽に、どうぞ。

そして、人が集まることのリスクを忘れることなく、参加個々人の安心を脅かすことのないように心がけて、開催いたします。ご協力をよろしくお願い申し上げます。

お問い合わせは、こちらからどどうぞ

あかりは点っています

こんにちは。シブイオンガクスタヂオの石村吹雪です。

ここ数ヶ月というもの、国民の皆様におかれましてはボイストレーニングどころではなかったことと思います。

私自身も、感染拡大防止のためにも自粛して家でテレビでオリンピック見ていなさい、という都知事の言に従って、その期間実に三週間にわたり休業してまで、都心である飯田橋まで出向くのを控えて過ごした夏でした。(オリンピックを見てばかりはいませんでしたが)

しかし、そんなものは微力にもならないことが完全に立証されたので、その後は積極的に開講してまいりましたし、今後も無用な休業はしないことをここに宣します。私は身を賭して休業しました。損失補填をして欲しいくらいです。


それにしても、なんだか重たい空気の流れる東京でした。やっぱり、ボイストレーニングどころじゃないよね。

昨春以降営業利益の半減した分、そろそろ少しずつでも回復を目指そうじゃないかと立ち上がったつもりが、どうもやはり、今はまだ積極的に生徒さんを増やそう、なんていう気持ちにはなれなかったのです。

それがどこに現れていたかと言いますと。

この数ヶ月、機会は少なかったものの体験レッスンのお申し込みはありました。通常私は、その場で入会を勧めることはありません。言葉尻にも出しません。必ず、一度帰ってから、他の教室は無料でやってるところもあるし、そこら辺を一巡りしてそれから、どうしても気になったらご連絡ください。という言い方で、皆さんをお帰しします。

その代わりに、体験レッスンの時間を通じてわかったその人の特徴と、それに応じて、以後の可能性を感じてもらうようにしていますが、その内容をメールで即日お送りしています。これにお返事をいただく形で入会するのが、通常の流れになっています。

しかしこの夏、そのメールの端端には、この体験レッスンが、今後のご自身の可能性、あるいは楽しみを見つけ出すきっかけになりますように、という一歩ひいたような書き方をするのを忘れなかったのです。どういうことでしょう。これ読んだら、暗に今、入会は受け付けてないのかしら、と思いかねないだろうな、という雰囲気でした。

いや、そんなつもりはないのですよ。だいたい、本当にそれこそ、昔からこの流れでずっとやってきました。だからここには、やりたいやってみたい、と積極的に自分から言い出した方しか会員になっていないはずです。だから長く続けられるし、長く続ければこそ、得られるものは確かなのです。

あかりは点っています。見えますでしょうか。見えた方は、目指して足を踏み出してみてください。そして、自分の新しい可能性を感じられますように。

あああああ。

大事なことを書き忘れた。

12月4日土曜日 昼の12時ごろより、シブイ忘年会2021、開催いたします。

開催場所は去年に引き続き、神楽坂マッシュレコード。

どうせ密にはなりません。会員に限らず、どなたでもいらしてください。ただし、ステージで歌えるのは、会員のかたに限らせていただきます(神保町の方も、小浜田派の方も、どうぞ)。詳細はまた、後日。ただし、一ヶ月先は闇です。それをこの一年以上かけて、学びました。やむを得ず参加者の少なさから、別企画になってしまうこともあり得ます。そこはひとつ、ご了承ください。

素直さがいちばん

このお仕事二十何年やってきて、ものごとを習う、習得する際にいちばん必要なのは、素直さだと考えます。

しかしいきなり初対面の先生を絶対として信用するのは、心情的にも難しいことでしょう。平成以降、生き馬の目を抜いて逃げたもの勝ちの時代です。どこででも騙される機会はあります。と、自然に私自身も遠い目をしてしまいます。

でも、今日だけ、今だけ、信じてみよう、という態度で臨むことは可能だと思います。

最も邪魔なものは先入観、何よりも、偏った勉強をした人によく見られる傲り、これらは、完全に時間の無駄を招きます。自分の思い違いを確かめるための質問などは、最後にすればいいのです。

もちろん、初めて体験レッスンを受ける人だけでなく、何年通っている人にも同じことは言えます。


ところで以下が本題、ボイストレーニングを初回からオンラインレッスンにすすることは、躊躇われました。

だってこっちは、声の響きを聞いているのですから。

如何にアップル社のデバイス付属のマイクが高性能でも、こちらの耳に空気振動を再現してくれる道具がありません。

つまりまあ、この点についてはどこ(のオンラインレッスン)も実質は手探りで行っているはずなんですね。これは物理的な限界の話。

無論、基礎の反復のリードくらいは出来ます。だから、不可能ではないです。

でも、一番最初に、はじめましての段階では、声を聞いておきたいのです。だから、未入会の方のオンラインでの継続レッスンについては想定してこなかったものです。

慣れた人、おうちに防音室のある人、寝坊した人、座学にも興味のある人。色々な条件を想定あるいは設定して、オンラインレッスンを提供すると同時に模索してきました。


そうこうしているうちに、飛沫どころか空気で感染してるかもしんない、なんて報道が始まります。

実に前月、新規お申込み状況の特徴は、一度申し込んで決済もしたものの即座にキャンセル処理をする方が続いたこと。そして、その他お申し込みはほぼないことからも、やはり、皆さんためらわれるのかな。

気がつけば、そういえば、今は感染リスクを考えてしばらくお休みします、という声も増大中。

すなわち。

比較的暇なんですね。

そこでまあ、試してみましょう。入会金なし。何度でも受けられるオンラインうたわないボイストレーニングコース。これなら、換気も講師一人分の為にやればいいだけだし、ノーリスク。50分は長いので、二回目以降40分にしようかな。

声が出せる環境ならまあ望ましいです。カラオケボックスもお休みのようです。例えばネットカフェを利用される方もありましたが、それは、会話できる程度の音量で行うので可能です。ご自宅が理想ですね。

受付枠は、こちらで。

https://reserva.be/cvo2018

(ご注意)このお試しは、石村のみです。こんな利益度外視のことをいきなり全員が取り組むほど、脳不足ではありません。


この予約システムもそろそろ自作すれば、手数料を引かれないで済むよなあ、なんてことまで考え始めたこの頃です。シブイ。

まずは気軽に体験レッスンをどうぞ
  • 皆とわいわいやるような ボイストレーニングは苦手…
  • 年齢が高いけど 大丈夫?
  • 腹式呼吸を活かした 発声をマスターしたい
  • ほかのボイストレーニングに 通ったけど、ダメだった…
  • 歌うこと・話すことが 苦手だけど、克服したい!!
  • 練習の成果を 生演奏の発表会で 試したい!
  • カラオケ教室じゃ 物足りない!
体験レッスンの予約はこちら