• facebook
  • twitter

石村吹雪

2021 オンラインレッスンの是非と可否について

新年あけましておめでとうございます。

しかし、年があけて早々に、緊急事態がどうのという議論になっているようです。発声教室の性質がら、大手をふって、さあいらっしゃい、ということは再び不可能になるかと思います。もちろんご希望の方は受け付けています。昼間の時間ばかりになると思いますが。

感染症対策はなさっていますか?という質問が昨年は頻発しました。

「しないわけないだろ馬鹿者が。」と、口頭では答えつつ、丁寧にテキストでお返事してきました。勘弁して下さいよ。そもそも、わたしたちは一般の皆さんよりデリケートに過ごしてきましたから。この環境の危うさは誰より心得て、出来るかぎりの手を講じています。

うたわないオンライレッスンを積極的に開講

そこで、この記事の結論を先に書きます。わたし石村によるオンラインレッスンでのうたうコースには限界があります。なので、うたわないコースにてオンラインレッスンを開講します。料金は体験レッスンと同等で募集します。50分2000円程度です。

20年数年、ボイストレイナーだけを生業にしてきました。音楽活動ではさほど稼げませんので、その稼ぎでライブやら制作やらは、繋いできました。東京でご飯を食べたり家賃を払ったりは、ボイストレイナーだけで賄ってきました。言っておきますが、簡単じゃないです。わたし、法学部政治学科卒の法学士ですから。

本も2009年に書きましたが、売り切り200部程度ですので広くは知られてはいないことでしょうが、本当にうまくなりたい人のための、うたわないボイストレーニング、という本です。

という私に、尋ねてみたいことがある方、あるいは本当にうたわないコースで何をやっているのか試してみたい方、にはそのように。また、昨年家に閉じこもって、ごく普通の発声の仕方すら怪しいくなる人が増えたようです。そんなあなたとは、例えば、最新ニュースの読み聞かせあいなどしましょうか。なんでもいいんです。

要は、周囲に迷惑のかかるほどの大きな声である必要はなく、相手が聞き取れる声をきちんと出す時間を作りましょう。ということです。使わない筋肉は衰えます。声は出さないと出す必要がなくなりますから、出なくなります。自然のことです。

人間は大声で唾をかけ合って、喜びを生み出して歴史を作ってきた存在であることが、今回よくわかりました。きっとワクチンができた暁にはみんなまた、そのように暮らしたいとお考えのことでしょう。でも、その時に喉が衰えていたら、喜びが存分に表せません。いざその時のために、お試しいかがでしょう。という、零細教室のボイストレイナーからのお知らせです。

受付は通常通りこちらでも募集しますが、今後、不要不急の外出を咎められる事態になった折には、おそらく時間はたくさん空きます。ご一考の上、こちらからでもお問い合わせください。

 

余談 2020緊急事態を経て

昨年の春は、存分に休み、規則正しい生活を手に入れたわたしは、緊急事態が明けても、春以前は9時頃までレッスンを入れていた夜は7時半で切り上げて帰宅する生活に切り替えてきました。

それまでの人生、働きすぎとは言いませんが、なにぶん実入りの多くはないお仕事です。だからとにかく労働時間を多くして稼がねばならないという思いに取り憑かれて生きてきました。

が、単純に掛け算したところで、生活が楽になったり、将来に安心ができたりするような規模ではありません。それを考えたら、いかに普段の自分の機嫌を整えてお仕事に臨めるか、の方が、相対する皆さんにとって有益な存在になれるんじゃないか、実際そちらの方が大切なのだと考えるようになりました。労務時間を短くしたのは、そういうことです。

私見では、収入が半分になっても生きていける世の中の仕組みになってくれさえすれば、この事態は乗り切れるはずだとずっと考えてきました。でも、この経済バカ王国では叶わぬ理想に終わることでしょう。

なので、自分を追い詰めず生きてみる、ということをまず自分は実践してみようと思いました。おかげで、自分のお小遣いどころか甥っ子にあげるお年玉のあてすらなくなってしまいましたが、うつ病にもならず、やることがなくて暇などと愚痴らず、心は健康そのもので過ごせています。それどころか、自分のうたの発声が以前よりずっと上手くなっているのを感じます。もう、いいんじゃないかな、これで。


あ。表題の是非と可否について、書き忘れたうえに長くなってしまいました。ま、以前よりずーっと暇です。また続きは書きましょう。今回は、思いつきを優先しました。

今年もお世話になりました

2020年、誰も体験したことのない事態のなか、当教室シブイオンガクスタヂオもその混乱のうちに喘ぎました。

 

しかし、シブイに楽しんで通ってくださる皆様がたの御厚意のおかげ様をもちまして、なんとか以前通りの姿のまま、存続できています。

 

ちょうど設立から17年が経ちました。小さな教室だからできる、カリキュラムに縛られない、いつまででも蔑ろに出来るわけがない基礎重視のあり方で、来年も突き進みます。

 

年始はおおむね1月4日から開講いたします。石村も久しく体験レッスンを受け付けて来ませんでしたが、夏以来半年ぶりにご新規さん大募集を行います。ご覧ください。壮観です。クボも小浜田も大募集中です。こんなことはなかなかありません。でもこれが、シブイなど発声教室を取り巻く現状とも言えるのかも知れません。世の中は確かに大きく変わりました。

https://reserva.be/cvo2018

あ。1月4日は親知らずを抜く予約をしているんだった。ま、差し障りありません。

 

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

シブイオンガクスタヂオ 石村吹雪

近況報告[緊急休業している石村につき]

こんにちは。シブイオンガクスタヂオ、石村吹雪です。今年は皆さん、今までになく用心を重ねて過ごされていることでしょう。急に寒くなっても、それに惑わされませんように。

という私自身が、寒さにやられてこの月曜日の朝、発熱で目覚めました。白状しますとこの一週間は、うたた寝の度に(この春以降昼寝が大好きになりまして)、保健所から、はい休業しなさい外出禁止です、と言われる夢で目が覚める有り様でした。そんなアバウトなこと実際にはないのですが、忘年会兼発表会を開催した手前がありましたから、不安だったのでしょう。

もとい。14日月曜日から急遽お休みをいただくことにしました。夕刻になってやっと出向いた、年に一度の健康診断でしか立ち寄らないけどだからこそ、ここぞいわゆる我がかかりつけ医と決めている近所の医院で計測してみると思いの外、体温が高かったのです(38.7)。自宅の今にも壊しそうな水銀柱とは一度も値が違ったので、驚きました。

さすがにいくらか浮世離れした私とは言え、今、発熱したらおおごとであることくらいは、自覚していました。いえいえ、もちろん存分普段から一般の人よりも気をつけていました。が、オーバーワークによる疲れは、ーーーあああ寒い日曜日だなあでも布団かぶるのも服を持ってくるのも面倒だなあごろごろごろごろーーーしているうちに、自分の身体をさらに弱くしてしまっていたのですね。要猛省。

でも、ひとたび熱が出ちまったら仕方がない言い訳無用。2年前のインフルエンザと同等に身体じゅう激痛なのだから、こりゃインフルエンザでしょう。再びタミフルでもイイヨーくださーいおねがい。という気分で飛び込んだかかりつけ医だったのです。これでもう安心、他の隔離待機部屋のある医院は、一見さんお断りとやんわり言われてしまったんですものそういう時代なんですものと。

しかし、くださらないのですよ。検査してくださらないのですよ愕然。防護服に身を包んだ若先生(代替わりしてた)は、慎重に言葉と対応を選んでいる様子です。今の石村さんのように咳も胸苦しさもなく指先まで酸素は巡っていて味覚にも異常なしと言っても、●でないとはいいきれませんし、インフルエンザの検査も今はできません。むしろウィルス性胃腸炎(初期症状はそれでした)かもしれませんし、そのお薬出しておきますね。それで薬が切れても症状が出るようでしたらまたいらしてください。と。

というわけで、いただいたお薬は整腸と解熱用途。なのかな。まあそれで二日間はあっという間に時間が過ぎてしまうほど身悶えていたのですが、三日もするとすなわち水曜日は起きていられるようになりました。熱も下がりましたのでアイロンなどかけていましたが、まだ少し無理をしたかな、木曜日は半分は眠って過ごそうと決めていました。木曜日は今日です。これを書いたらまた眠ります。

さて本題です。この間にも、レッスンの休業連絡を交わすうちに何気なく、あるいは人によっては恐る恐る、確かめるように求められたのが、PCR検査というものでした。でたね。出ましたね。なので水曜日から私の行くべき場所を探していました。すでに無症状の私の選択すべきは高額で有名な自費での検査のみ。

でも、遅ればせながら気がつきました。すでに世間は、私のような高熱を一度出してお仕事を休んだ人とはPCR検査受けて陰性証明がないと、今まで通り安心してお付き合いできませんよ、ましてやその人のやってるボイストレーニング教室など通えませんよ、という空気に包まれているのだと。シブイ界隈は特別だなんて思いません。日本語しか通じない日本人によるざにっぽんです。

さて困りました。何せ熱がない。洟も出ない。ここしばらく、咳なんか一度もしてない。でも月曜日に高熱が出た、というと回されてしまう、自治体の相談室に電話です。担当の女性は穏やかにおっしゃいます。その医院の先生の診断と、処方したお薬を皆さんに開示すれば済むことではありませんか?と。

その通りなんですよ。その通りだと思いますよ。お姉さんイイヨー。でも、先生こっちがぐったりの時に検査してくれなかったし、おまけに今日休診日なんです。で、確実に私は発熱したんですよ。発熱しちゃったんですよ。あれはただのウィルス性胃腸炎でした、どうやら●とは関係ありませんでしたご安心を、という今2020最も必要な証明は、しようがないんですよ。

これは想像以上にことが大きいな、と気づくのです。もしかしたら私は(まさかの)発症も確かめられず、その逆も証明できぬまま休みに休みを重ね、年を越すのではないでしょうか。ま、忘年会済ませたしね。小浜田さん、クボくん、なかむらさん、あとは任せたよ。


少し面白おかしく書いてみようという意図で書きました。検査を済ませ、お互いの安心を確立してから再開すべく、誰にも迷惑をおかけしないよう静かに過ごす所存です。皆さんくれぐれも、お元気で。いつかまたお会いできる日を楽しみにしています。呼吸よ。忘れないでね。


以下余談。

それにしても、少し元気になってくるとニュースサイトを読み漁るわけです。そこで唐突にボイストレーナーなんて言葉が飛び出してくる記事に出くわすとさすがに身構えて読むのですが、読んでみると身構えるほどでもない、という一例でした。

私にはまるで異世界のお話です。ボイストレーナーは、人それぞれに応じた身体に適切な発声の方法を指導する存在です。ただ、それだけの存在だと私自身は捉えています。結果的に歌唱が相対的に上手になるのは当たり前のことですが。

しかし、手っ取り早くその点だけを追求したいんだという場合には、まずご自身の練習環境、時間と意欲は最低限、最初に揃えて臨まなくてはなりません。それすら揃っていないうちから、何ヶ月でうまくなります?といった愚問、もう辞めましょうね。ご理解お願い申し上げます。

シブイオンガクスタヂオ忘年分科会2020

シブイオンガクスタヂオ忘年分科会2020

は、今週末、12月6日に現在の石村クラスの皆さん、他のクラスの皆さんも、あるいはとっくに退会された皆さんも分け隔てなく、ご希望の方がたで神楽坂マッシュレコードにて開催いたします。

 

2020年冬、このような状況下ですので、主催、会場、そして参加の各自全員が、万全の注意を払いながら開催いたします。

 

今までは、現地参加の皆さんだけで楽しんで参りました。が、せっかくこの日のために練習して来たものの、現地に参加するのは断念される方も続出。それもそうでしょう。ならば、というわけで今年はオンライン参加を試してみます。なので、興味のある会員の方のために、会員専用のページに記しておきますので、ご覧ください。

 

今は以前のような、食べ物を持ち寄って寄り集まって近接して大きな笑い声を交わすというお楽しみ(ずいぶんやってきたものですねえ)、は極力忌避あるいは我慢をする時代になりました。しかし教室としても、あるいはヒトとして、僕らのできるお楽しみの形は模索して行かねばならないと考えています。今年は各地で環境が整い始めたので、来年は完全公開してみるのもいいかな、と思います。

PayPay対応

こんにちは、シブイオンガクスタヂオ石村吹雪です。

2020年は6月の開講再開以来、感染拡大防止のための施策を数々試して参りましたので、今のところは無事に、安全な教室を保てていると信じています。

神保町教室はクボフミト一人で回していますから、一度に居室にいる状態は、どんなに多くても3人程度でしょう。飯田橋教室はふた部屋あるために、以前ですと最大、生徒さんの入れ替わりと講師の入れ替わりが重なると、狭いスペースに最大、7人になるケースがありましたが、現在はほとんどの時間割を30分ずらすことで、最大3人、という状態にしています。講師同士が顔を合わせないまま一日が過ぎてしまうことがあるほどで、やりすぎだろう。と思うこともあります。が、やりすぎということはないので、基本はやり過ぎで今後も進行いたします。

そんな中で、そろそろ発表会、発表会をかねた忘年会、などの季節になっています。参加する人それぞれのご意向を貫きながらの対策、ということになります。是非は関係ありません。やるべきかやらざるべきか、ではなく、やりたいかやりたくないか、それだけです。それはやはり、モチベーションの底上げであったり、人としての最低限に必要と感じる懇親のため。

いずれにせよ、細心の注意を払って進めて参ります。ご理解とご協力、よろしくお願い申し上げます。


一方、キャッシュレス決済、PayPayの導入です。主な導入の理由は別にありますが、素手による現金の取り扱いがなくなるのは、喜ばしく思う方もあるかもしれませんね。そして導入したその日、二十代の二人は早速ご利用されました。五十代の私はおっかなびっくりです。現在、各講師の分を手配中です。

レッスン料 払込先口座の 変更につきまして

会員の皆さまへ 大事なお知らせです。

レッスン料のお支払いは基本、現金手渡し、あるいは銀行振込、クレジット決済、LINE Pay などと対応して参りました。

この度11月15日をもちまして、銀行振込先の口座の変更を行いました。会員のページでのご確認を、よろしくお願い申し上げます。

 

急なことで恐縮です(私も驚いております)。振込先登録などされている皆さんは、登録先を変更お願い申し上げます。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

淡々と、粛々と、お楽しみ

ここはお教室ですから、レッスンの日々は続きます。

 

今年は長らく、異常事態でした。ああ、これができるようになったね、長いおやすみ期間をすぎても、忘れなかったね。もう身についてしまったのかもね。あるいは、すっかり忘れてしまったね、家ではなかなか歌えないものね。だとか。

 

私の担当するみなさんは、今年の6月から募集を再開するまで最後の募集をした2年前入会の方がもっとも新参で、それ以外のほとんどの方は10年前後、という方々です。

 

6月から7月にかけて、久しぶりに募集をかけました。7人体験レッスンを請けて6人、入会されました。始めたばかりの皆さんに、歌における発声の仕組みを、理屈ももちろんですが反復の侮れなさを伝えては、一緒に取り組んで行きます。

 

これ正直、新鮮です。お腹から声を出すっていうやつは、これのことだったんですね、という声から、カラオケついに行ってみたんですが、全然以前に比べて疲れませんだとか、こういったレッスン初期によく聞かれる言葉をまた聞くことができて、嬉しくなります。

 

いろんな人がいらっしゃいます。私が主に受け入れるのは、ごく普通の生活をなさる人々です。若くともそうでなくとも、生活の中に、歌う、という行為を挟み込みたい人たち。たまにやってみるくらいだと、思ったよりもうまいこと歌えないもんだな、という方々。

 

この人たちに、さあ毎日やれ、大事なのは積み重ねだ、積み上げだ、どこに出てもブレない自分を作るんだ、自信のある自分を育むんだ、と、あまり真正面から押しつけても、生活をそうそう簡単に変えられるもんじゃありません。

 

だから、基本はこうです。あ。面白いかも。ちょっとだけやってみよ。あれ、ちょっとだけやってみたら変化があったわ。楽しいかも。じゃこっそり反復してみようかな。あれ、身についたかも、人に見せてみようかしら。もしかしたら、褒められるかも。と、変化していけるきっかけを作れたらいいなと考えています。

 

そのために、うた以外の道具をおすすめしたりもします。音楽は懐が広いです。うたじゃない楽器からのアプローチもできます。伴奏楽器なら、歌いながら弾くこともできます。この場合に気をつけていることは、教則本に惑わされないこと。我流で追究する癖も持ってもらうこと。楽しむ主体は自分であることは、かたときも忘れないこと。

 

淡々と粛々と、お楽しみの時間を、捨てないように。忘れないように。そして、お楽しみがこの小さなコミュニティで分け合えるように。世界に向かう必要なんかないんです。それを今年は、つくづく考えさせられます。今足りないのは、私たちの小さなコミュニティが移りゆく季節をともにする、些細な安心なのだと。

シブイ音楽祭からの変遷そして2020忘年会

教室運営には、発表会はつきもの。かつて、発表会で儲けなくていつ儲けるんだ?という教えもあり、よしやるぞ、と立ち上がったものの、程よく稼げる発表会など企画できない現実に突き当たったものでした。


それでも、普段よりもぐっと盛り上がる生徒さんのやる気と、そしてその成果は歴然であり、とにかくやってよかったなあと思ったものでした。

私にできることは、出場者もご来場の皆さんも、途中退席をためらう演出と構成を作ることでした。楽しかったなあ。

しかし教室規模の拡大につれ、全体の身動きが取りにくくなりました。回を重ねるほどに規模を小さくしてゆき、挙句は講師ごとの開催のイベントにまで落ち置いています。それはある意味、面白な正解だと思います。

2020年は、大きな変化がありました。まず、人が集まれません。そして、人前で歌は歌えません。宴会どころか食事なんてもってのほかになりました。

あんなに愉快だった発表会が、開催不能になりました。そうです。そういえば、私が今年開催した3月8日のシブイショーケースも、出場のはずの人も辞退、観覧のはずの皆さんも片手に余るほど。そう言えば、のちに語ることすら憚られる有様でしたっけ。

つまらないことです。

なので石村クラス、12月6日日曜昼12時から忘年会を企画しました。

今年は昨年まで何かとお世話になったプレイヤーズよりも広めに感じる神楽坂マッシュレコード に決めました。そういえばここは飯田橋じゃないですか。神楽坂でやるべきではないですか。

派手なことは出来ません。例年とはまるで違うルールはきっと厳然とあるでしょう。だけど、常に言い続けてきたことですが、うたは共有するものです。共有されねばなりません。

いつもの通り、一曲か二曲ずつでしょうが、いつもの通り私伴奏頑張りますわ。十月中には出場者も演奏曲も決めましょう。

皆さんのご参加表明を待つ十月に、なりそうです。

たなからぼたもちは落ちてこない

割と長年、通っている方のお話をします。シブイに於いて割と長年、といえば、10年生くらいをイメージしてください。

年がら年中、酒で喉をガラガラさせていて、カラオケに行けば出るはずもない高さのメロディを、出てなくても構わず陽気にがなるようなタイプの人のお話です。楽しいキャラクタなので何年かごとに話題にしています。

喉を痛めないようにすることや、綺麗な声を使えるようにすることまでは、順調でした。しかし、歌といえば基本的な、メロディを覚える、とか、その覚えたメロディを自分の声で再現する、いえ、それまでに覚えた、綺麗な声で再現する、ということについては、少しずつ年月をかけて固めてきました。

この春の外出自粛の時期は、猫背を治すべく体幹を鍛えるということだけを、歌のことなど忘れて頑張っていたそうです。そして、6月に再開する頃には、立ち姿がすっかり変わったばかりか、歌声は伸びるし、なんと音程がきっちり聴こえてくる歌声になっていました。

当人も驚きのたなぼた。いいえ。たなからぼたもちなど落ちてきません。当人は来る日もくる日も、YouTubeで探し出しては励んでいたんです。歌ではなく体幹トレーニングを。旦那さんのリモート会議に音楽が入り込まないようになど、気を遣いながら。

おかげで。重心がブレにくい身体ができてしまったわけですね。

こうなってくると、歌うのが楽しいわけです。うたを録音して、直したいところを探すうちに、どんどんじょうずに、なっています。以前はそんな録音の手間など、かけなかったのに。楽しくなってしまえば、あとは正のスパイラルです。

 

個人的には体験レッスンを二年ぶりに再開して、三ヶ月が過ぎました。初めてボイストレーニングを体験するという初々しい顔を見ていると、自分も初心に帰ることができます。そうだ、初心に帰るついでに、またあらたまってブログも再開しようかな、と思った八月でした。

体験レッスンを再開してみて

はいこれは石村です。

二年ぶりに体験レッスン募集を再開してみたところ、この不安なご時世にもかかわらず意欲的なみなさんがいらして、新しい出会いを楽しんでおります。

正直二年も間が空いてしまうと、それまでは淀みなく話せたことが、もどかしいほど言葉にならなかったり、長年の経験で作り上げてきた、間違えようもないマイ段取りを間違えたりして、戸惑うこともありました。

しかし、回数を重ねていくほどに、だんだんと調子を取り戻しています。

より正直な話をさせてもらえれば、そう、このレッスン環境はどうしても密室になります。気をつけないと、唾のかぶりあいになりかねません。そうならないように各講師も、これまで通ってきてる皆さんも相応の注意を払って過ごしています。が、初めて来られる方にそこまでの意識、注意を求めるのは、容易な話じゃありません。が、最初にこの状況、この環境を踏まえて、説明をさせていただくことで、通常通りに進めています。

何にせよ、新しい出会いは、ただただわくわくしますね。枠はいつも限られていますが、予約が増えていざ受付ができなくなる前に、どうぞご検討くださいませ。

飯田橋教室にも、こんなステッカーを掲げてあります。それがいいとか悪いとかでは、ありません。さんざん注意はしてるぜ、という意思表示と受け止めてください。

感染防止徹底宣言ステッカーというものです

まずは気軽に体験レッスンをどうぞ
  • 皆とわいわいやるような ボイストレーニングは苦手…
  • 年齢が高いけど 大丈夫?
  • 腹式呼吸を活かした 発声をマスターしたい
  • ほかのボイストレーニングに 通ったけど、ダメだった…
  • 歌うこと・話すことが 苦手だけど、克服したい!!
  • 練習の成果を 生演奏の発表会で 試したい!
  • カラオケ教室じゃ 物足りない!
体験レッスンの予約はこちら