• facebook
  • twitter

東京ボイストレーニング教室のブログ

一度は通ってみたい音楽教室特集で紹介されました

当教室の電話応対事情について

こうしてサイトを公開して営業をしていると、いろいろな業者さんからの問い合わせがあります。当然のこと、電話番号を公開しています。こうすると、実にいろいろなところから電話がかかってきます。

それは当然のことですけれども、開業当初より今に至るまで、事務員受付電話応対のスタッフなどがいるわけではありません。いつだって相場平均未満の価格設定をしてきましたのは、門戸を広げるためでした。事務員の時給や広告費や飲み会の飲食費を確保するためではありません。

発声ひとつで生活が変わる、ということを図らずも体験してきた私が社会貢献するために必要なのは、ボイストレーニングにおける高い音楽性などではなく、発声という当たり前に近い運動の及ぼす影響の汎用性を伝えることでした。

なんてことを開業以来十八年、書き続けてきました。おそらく、そりゃあユニークなことでしょう。

話を戻します。

かかってくる電話にいちいち出ていると、レッスンができないのです。だからいっとき、電話線を物理的に抜いていました。

抜いている期間は、ほんの気まぐれに差しておいては電話に出ました。(それくらい電話って、多いのです。)おかげでこれはほぼ奇跡のような確率なのですが、それ故に、奇特なご縁にいたる場合が多かったものです。普段は電話線を抜く、これはとても有益な生き方だと知りました。

しかしそれを知る前、すなわち物理的にコードを抜く前は、私の場合、大抵先方のお話を聞いてしまいます。留守番電話になる前に出てしまうのです。流れで訪問を受けてしまいます。その結果のみを書かせていただきますと必ず、無益な買い物で何年も苦労を強いられます。最も大きかった痛手は一例を挙げれば、電飾看板でしたでしょうか。

もちろんそういった営業ばかりではなく、ボイストレーニングに関する問い合わせ電話、というのもあるのですが、ホームページに書いてあることを一切読まずに電話口で尋ねようとする方ばかりが電話をかけてくるもので、これがまた営業妨害的に時間を食うものでした。という結果、電話には比較的にがい記憶ばかりになります。

2022年現在は、留守番電話にして、それに出ないでいても気が咎めなくなりました。人は案外、慣れてしまうものです。

さておき。

今どきの企業の営業活動は電話よりも、ダイレクトに問い合わせフォームからメールをいただくことが多いです。これは便利です。返信しなければいいだけですから。

これも実際のところ、ときどき返信をさせてもらいます。そのひとつを近い例で言えば、PayPayだったりします。便利ですね。

ようやく本題です。

一度は通ってみたい音楽教室特集、というサイトからのお誘いでした。曰く、

御社教室をHPにて拝見し、大変素晴らしい教室だと感銘を受け、ぜひ弊社サイトに無料で特集させていただけないかと思い、ご連絡差し上げました。

いいこという。いいこと言う。大手教室だけじゃないよ、ちゃんとうちのような零細だってJASRACから音楽使用料を毎月請求されてお支払いしているくらい真っ当なんですから。そして、これくらいの教室が性に合う人って少なからず必ずいるんだから。いなかったら、こっちもとっくにつぶれてるんだから。と言うわけで、

ダイナ音楽に弊教室が特集されました!下記リンクより、ぜひご覧くださいませ。

https://dynamusic.jp/school/tokushu/

個人的に、コロナ禍という常套句が嫌いで使用を避けてきていますが、シブイオンガクスタヂオも大打撃を被ったまま二年が過ぎました。さすがにコロナ以前より低所得には慣れきっていた私も、そろそろ、世の中と同調して、以前のような活気を取り戻しても、いいかな?いいよね?呼吸はするよ、歌も歌うよ、比較的大きな声を出すよ。

そういうタイミングでしたので、返信対応のうえ、より広いマーケットへの紹介をお願いすることにしてみました。あしからずご容赦ください。

好きに歌えばいいんだよ。

おおお、気がつけばもうGWですか。こないだお正月だと思ってたのに。。

こんにちは。神保町教室のクボです。

 

最近、知人がライブバーでピアノ弾いてる、って言うのでちょいちょい遊びに行きまして。

知人と言っても、僕よりずっと年上で、メジャーの第一線でのキャリアをお持ちの大先輩のキーボーディストの方なんですが。

 

譜面をペラッと渡せばめちゃくちゃ良い感じに弾いてくれて、気持ちよく歌えるんです。

 

で、先日行った時は、誰でも知ってるような曲を、その方ならではのアレンジで弾いてもらい、僕がそれに合わせて歌い方を考えていく、なるべく原曲の雰囲気の影カタチがないようにしてみよう、っていう「遊び」をやってみました。ただし、メロはなるべく壊しすぎないように。

僕が歌ったのはユーミンの「ひこうき雲」とサザンの「いとしのエリー」。

ピアノがこう弾けば、僕はこう歌う、僕がこう歌えば、ピアノもそれに合わせて、、、と非常に楽しく歌わせていただきました。

 

で、改めて思ったのは、歌って自由だよな、と。なんかこう、みんな「こう歌わなきゃ」みたいなのに囚われすぎてる気がします。たとえば、Youtubeの歌ってみた動画。「原曲キーで歌ってみた」とかって、僕らからすればなんの意味もないことなんです。

その人の生まれ持った声帯にとって最も響くように歌ってあげればいいんです。誰かに合わせる必要なんか全くない。

基本的には、自分にとって気持ちよく歌えることが、聴いてても気持ちがいいものだと思います。

 

でもって、その自由を得るために練習するのです。あと、いろんな音楽を聴く、もね。

狭ーい世界で「これが一番いいんだ!」っつってもしょうがないからね。


試しにみなさんやってみて。

 

例えば1曲、好きな歌をアカペラで歌ってみる。自分の出しやすいキーとテンポで。

カラオケ屋さんでひとりで、まずこのアカペラで歌ってみましょう。

で、そのあとその曲のカラオケを出して、さっき歌った自分のアカペラのキーとテンポに調整してみる。

なかなかどうしてオンリーワンな自分の「その曲」になってますから。

 

いやー、そのキーとテンポがわかんないですよねえ、って方は迷わずお尋ねください。

そのために僕らがいるのですから。

 

 

神保町教室 クボフミト

 

 

花粉症デビュー

こんにちは

飯田橋講師・小浜田知子です

花粉症デビューしました

3年くらい前から薄々

この時期は何だかおかしいなぁと思っていましたが

今年はどうにも苦しい…

コロナか?

と思ったけれど、ヒノキ花粉症でした

私の場合は鼻水が少しと、喉がざらざら

気管が狭くなり咳は出ないけど、咳が出そうな感じ

歌を歌うにはとてもつらく

喉も疲れやすいです

ちょっと歌うとすぐ疲れてしまうので

これは声帯に何か出来ているのではないか?

と不安になりカメラを入れましたが

声帯に異常なし

むくみもなく、むしろいつもよりキレイ…

ホッとはしたものの

演奏やレッスンにはどうにも差し障りがあります

結局、呼吸の浅さが原因

気管が狭くなっているので、深く吸えず深く吐けず

今まで花粉症がなかったので、こんなに大変なものだとは!

と驚愕しています

花粉症のみなさま

舐めててごめんなさい

苦しかった事でしょう

しかし、このコロナ禍

マスク2重で生活していた為

呼吸がだいぶ上手くなっていました

不幸中の幸い、負けるが勝ち、雨降って地固まる、

あと他にピッタリする言葉があった様な気もしますが

私、普通の人よりは、深く吸え深く吐けているかと思います

もともと、歌で肋骨響鳴法を使う為、普段から肋骨を開いての呼吸なので

無駄に吐いたり無駄に吸う事は極力していなかったけれど

花粉症の時期が終われば、もう少し進化した呼吸になっているのではないかと

ヒノキ終了が楽しみです

呼吸は生きる基本ですね

花粉症のみなさまも、そうでないみなさまも

呼吸を一度見直してみてはいかがでしょう?

レッスンでお手伝いできますよ

ありがとうキャンペーンを思いついた

ボイストレーニングに通うことによって声がはっきりと通るようになったり、いや、声色が明るくなったり、響きが心地よいものになったりしたおかげで、

いい声ですね、

なんて言われることが、ありませんか?もちろん、ある、という方が複数いるからわざわざ書いているのですが。

そんな素晴らしい会員のあなたに、シブイサイトへのリンク二次元バーコードが印刷された名刺サイズの特製カードを配っていただき(もちろん裏には皆さんのサインを忘れずに)、そのかたが巡り巡って入会された暁には、入会金年会費から10%差し上げよう、なんていう作戦を考えました。

お友達紹介、じゃないのです。いいって言ってくれた人を紹介するだけなので、いわゆるお友達紹介キャンペーンではないのです。いわば、褒めた人紹介キャンペーンなのです。お友達じゃない分、気楽とも言えます。

しかも、みなさん平時からいい声を意識的に使うようになる、という素晴らしい利点もあります。

そんなことを思いつくほど、シブイオンガクスタヂオも、疫病禍の中で命からがら生きながらえています。

なんか、素敵なコピーを添えた名刺サイズのカード作りたいな。久しぶりにペンギン制作のツッキーさんにお願いしようかな。

なんてことを考えている三月でした。考えているだけで四月になってしまいましたが。

ここで話が終わりそうなので、例によって個人的な経験から申し上げますと。

私の場合は、小さい頃から声が小さくて、何を言っているのか聞き返されることが多く、そんな癖がたたって、歌っている間のいわゆる滑舌も悪く、長年苦労をしました。

ボイストレーニングに通い始めたのは26歳で、28歳から講師を務め、30を過ぎた頃に、生まれてはじめて、いい声ですね、と唐突に生徒さんに言われたのを思い出します。(本当は、30を過ぎた頃だったか過ぎていなかったか、それが誰だったかも思い出せないくらい遠い過去になってしまいました。)

けれども、若い頃から歌が上手だったり、いい声だと褒められたことは一度たりともない人生だったのは間違いありません。事実、講師になった頃はよく、若い生徒さんから皮肉まじりに、先生ほどの腹式呼吸の達人ともなると、だとか、先生に教わっていても上手くならない、と面と向かって言われたものです。素人の若者は正直です。真摯に受け止めました。

だものですが、いつの間にか、喋り声や歌声を褒められることはとても増えました。それを今になっても当たり前と思えない卑屈さが私の私たる所以ではありますが、つまり何が言いたいかといえば

声は確実に変わる

ということです。しかも、いい方向に変わります。褒められるんですよ。信じられません。未だに親族はそれを信じないほどです、なぜ親族を引き合いに出すかといえば自分自身だけではない客観的な判断に基づいて、声が褒められる筈などない、出自だったのです。くどい。

変わるんですよ。そのメリットは、書き出せばキリがありませんし、散々書いてきたので、割愛します。

二重マスク

こんにちは

飯田橋講師・小浜田知子です

元々、普段でもマスクを付けがちでしたが

コロナ禍になり、特に冬は感染対策&防寒のために

マスクを二重に付けていました

柄の不織布マスクにレースの布マスク

と、色合いやデザインの組み合わせも楽しく

好んで二重にして、レッスン中も2つ付ける事が多かったのですが

最近、ブレスコントロールが以前より更に上手くなっている事に気付きました

マスクをすると確かに呼吸はしづらいのですが、そんな中でも人間はどうにか楽をしたがるらしく

効率的に呼吸が出来る様に勝手に体が動くらしい

私の体だけかもしれないけれど

とても細く息を吸い、無駄なく吐けているなあ

しかも苦しくない

と思う事が多くなりました

当然、歌や朗読にも使える様になり、

こういうのを

怪我の功名

と言うのかしら?

などとウキウキしています

良くない事の中にも

どうにか良い事を見付けられるのも能力なのかも

もう春になるけれど二重マスク、試してはいかがでしょうか?

オンライン発表会第二弾公開中!!

といっても、諸般の事情で会員さん限定公開なのですが、、、。

年末に収録したみなさんの動画の編集がやっと終わり、公開いたしました。

シブイ関係者のみなさんにはぜひ観ていただきたいので、会員ページよりご覧ください!

 

しかし、このオンライン発表会でもそうだし、リアルなイベントでもそうでしたが、やっぱアウトプットってめちゃくちゃ大事。なんて当たり前のことを当たり前にしみじみ思います。

うまくできたり、そうじゃなかったり、人の歌が羨ましかったり、自分にほくそえんでみたり、日々のマンツーマンレッスンの中だけでは得られない何かを感じていただけたのではないでしょうか。

なによりさ、編集した動画を一気見したんだけど、結構いいんだわ、みんな。

 

またやりましょう。できればリアルイベントもね。飯田橋のみなさんのご参加もお待ちしてますよー!

 

 

神保町教室 クボフミト

最近の曲はむずかしいのだ。

こんにちは。神保町教室のクボです。はい、今日のお話の結論は↑のタイトルそのまんま。

 

よく生徒さんになんか歌いたい曲ある?って聴いた時に、「東京事変」って返ってきた時の絶望感。

ギター一本でどうやって再現しよう、、、っていうか弾けん!!

とかいうこちら側の事情ではなく、今回お話ししたいのはあくまで「歌」あるいは「メロディー」のことね。

 

例えば昨今流行った「夜に駆ける」とか「白日」とか「Cry baby」とか、んー、挙げればキリがないですが往々にして非常に難易度の高い曲が支持される傾向にあるのが昨今の音楽シーン。

もちろん僕自身も聴いて「すげー!」と思ってしまいますし、中にはこっそり歌えるように練習した曲もあります笑。

 

このシーンの盛り上がりの背景には、Youtubeの所謂「歌ってみた動画」だったり、カラオケの採点機能が少なからず関わってるような気がします。つまり、「歌える?コレ?」ってところからのチャレンジ感とでもいいましょうか。

無論、これもれっきとした歌の楽しみ方のひとつと言えます。しかしながら、難しい曲に関しては、何がどう難しいのか、というところをきちんと把握しておく必要があります。

そこで、今回はそういった難易度の高い曲を歌う際の注意点をいくつかご提案。

 

ご提案その1:超ゆっくりテンポでアカペラで歌っても歌えますか?

これ、実は最重要です。カラオケの場合、さらっと流れて曲が終わってしまえばあまり振り返ることなんかありません。ちなみにワタクシ、採点システムなんか鼻っから全く信用してません。大人気なくてスマン。

大事なのはその楽曲のメロディのディテールをきちんと把握できてるかどうかです。複雑なリズムの中で地声ファルセット交差するようなメロなら尚更。1コーラスの中で転調2、3回ある曲なんか、もう譜面必須。

 

ご提案その2:歌詞覚えた?

往々にしてそういった難易度の高い楽曲のワードの情報量の多いこと。目で追っていては発声のための身体のコントロールが追いつきません。どうせチャレンジするなら覚えるのも悪くない。見ずに歌えたらかっこいいしね!

 

ご提案その3:キーは自分に合わせよう。

声帯や体格が原曲のボーカリストと違うものを持ってる以上、同じキーで歌うのはまったく無駄(断言)。気持ちはすっごくよくわかるけども。自分に合ったキーを探した方が絶対カッコよく歌えるはず。先入観を捨てて試していただきたい!

 

んー、やること多いねえ。でもそんくらいしないとなかなか歌えんような曲が多いのよ、実際。

ちゃちゃっとカラオケで楽しんでみたい、というには想像以上に下準備がガッツリ必要なんですな。

 

で、これも昨今の音楽シーンを見て思うことなんだけど、アーティスト自身がプライドを持ってかなり高いステージで仕事してるなあ、と感嘆するような曲が多いこと。ほんと難しいことやってるというか、プロだなあ、、と(語彙力)。


誤解のないように言うと、90年代以降カラオケでみんなに歌ってもらえるような曲がたくさん作られて、たくさんの曲がヒットしました。でも、近年はカラオケ需要もひと頃よりグッと下がって、CDも売れないそんな世の中じゃ、周りのニーズよりもホントにやりたいことだったり、自分たちにしかできないことを、って感じで上記のような作品やアーティストが増えるのも至極当然なのかも。だいたいこう言う曲が、ここで言う「難しい曲」になってる気がします。


つまりはですよ、音楽のプロフェッショナルの作品に真っ向勝負!って感じで挑まなきゃいけないんだぜ、ってことであり、またそうしてみるのも悪くないですぜ、ってハナシ。

 

だってせっかくボイトレ習ってんだもん。どうせやるなら、ね。

 

 

神保町教室担当 クボフミト

 

カレンダー開発によって

カレンダー開発によって

前月の記事の続きです。残念ながら、私を止めてくれる新規ご入会の方がありませんでしたので、快調に空き時間、作業をしてきました。そして二月は、あっという間に終わってしまいました。

もちろん暦のせいという話ではなく、比較的忙しくない今のうちに、環境整備をしようと思ってはじめたのが、プログラミングでした。無論、そんな大袈裟なものではない、趣味レベルですから大きな声では言えないのですが、何せ暇だし一銭にもならないのにこれくらいしかやっていないし、という惑乱気味な気持ちで書くわけです。

しかしこの作業、不思議なもので没頭のあまり、何もかも置き去りにさせてくれるのですね。危うく始業の時間に遅れるのではないかと慌てた朝もありましたし、レッスンの合間にやっていると、レッスン最中に決定的ロジックを思いついたりして。挙げ句は結局、うたの練習をする時間もなくなってしまったり。

このままでは遺憾。もう、やめよう。やめにしよう。三月中は一ヶ月じっくりテストにしよう。だって慌てる必要もないのです。まだまだ、そうだボイストレーニングでもやってみるか、と思い立つ人は出て来ない季節なのです。



というわけで会員の皆さまは、会員専用のページを伝ってスケジュール表示がテスト中ですので、ご覧ください。Googleカレンダーがたまに見せる面倒な認証など、ございません。サーバーに不具合でもない限り、シンプルにご覧いただけるようになりました。

内部的には、いろいろな不正確さを解消する仕掛けがあるのですが、それをここに書いても致し方ないのが残念ではありますが、まあそこは存分自己満足したいと思います。

このまま没頭していたら、いやーなニュースも全部気がつかないで春になり夏になってしまいます。夏になる頃には、小さな発表会でもできたらいいなと考えている2022年です。

 

 

運が良いとか悪いとか

こんにちは

飯田橋講師・小浜田知子です

最近思う事ですが

ここ一番という大事な時にダメな人は

運が悪かった、と言いがちだなぁと思います

自分は運が悪い、と言えてしまう人…

そういう人はホントは普段から詰めが甘いので

ここ一番という時にダメなんだけど

それを運のせいにするから

いつまでもダメなんだなぁきっと、と。

運が悪いなんて実はなくて

実際はだいたい、自分か他人が悪いので

運が悪い、と運のせいにするのではなく

自分を見つめ直す事が大切なのではと

宝くじとか、クジ系以外は

運のせいにしないように生きよう

といつも思います

私はもちろん

運が悪いと思った事はなく、しかも割とクジ運が良いです

スーパーのクジ引きで新巻き鮭を当てた事があります

もしも運、というものが存在するならば

私は運が良い方かなぁと思います

でも、運が良い、という事も

運のせいにしてるって事だから

良い事があったら、運が良かった、ではなくて

自分や他人のおかげ!と思って

自分や他人を褒めよう!と思っています

良くも悪くも

運なんてアテにしない方が良いなぁ…と思うのです

レッスンも他の事も

何事も

自分次第ですよねぇ

 

二月のお仕事

もう二月でして。

すっかり、遠慮なく唾を飛ばしあって歌うことのままならぬ世の中になって久しいこともあるのか、新規お問い合わせは2年前までに比して格段に減っていることもあり、穏やかな日々が続いております。ボイストレーニングのシブイオンガクスタヂオです。

代表の私には、教室を大きくしたいという欲望とか目標が元々皆無なため、講師の増減に応じて変わるよ納税額、くらいしか気になることがありません。それでも、去年の自分よりも今年の自分の方が年齢を重ねた分程度の変化というか進化とか成長というか、まあそのような実感はあった方がいいよな、とは思っています。

そこで、業務効率化のお仕事でもでっち上げようと、ここのところは空き時間、鼻歌も歌わずにネットにある便利な記事を首っ引きにプログラミングの日々です。寒いし、日曜大工なんかやったら悴んだ指を怪我しそうですから、最も季節に適した作業かも知れません。

現在、体験レッスンの申し込みは、講師が空いている時間について売り出しを行って、クレジットカード決済をしてくれるサイトを通じて受け付けています。これによって、以前は多発した、体験レッスンの当日キャンセルという由々しき事象が激減しました。実に喜ばしいことです。

しかし、教室規模の縮小を余儀なくされた2020からの圧倒的売上の伸び悩み事情から、必然的に各種手数料が惜しくなってまいりました。また、Googleを利用したレッスンスケジュールも、Googleの事情一つで、エンドユーザーが困惑するような事態も続発するに至り、これもやりようによっては内部事務作業の合理化が叶うではないか、と気がついてしまいました。

てわけで、体験レッスン申込受付とレッスンスケジュール掲示、及び各講師の報酬計算までのデータの一本化と手数料の削減を目指して、社会人デビュー三十周年の私は動き始めました。もう、誰も止められません。止められるのは、新規ご入会の皆さんがただけです。

モデルナ三本目注入で不死身の身体を手に入れましたが、これは四十肩かと思わせる痛みの中、というよりは二時間経っても気温が二桁まで上がらない木造家屋の自宅において、こごえながら少しだけやけっぱちな風味で書く祝日ブログでございます。

まずは気軽に体験レッスンをどうぞ
  • 皆とわいわいやるような ボイストレーニングは苦手…
  • 年齢が高いけど 大丈夫?
  • 腹式呼吸を活かした 発声をマスターしたい
  • ほかのボイストレーニングに 通ったけど、ダメだった…
  • 歌うこと・話すことが 苦手だけど、克服したい!!
  • 練習の成果を 生演奏の発表会で 試したい!
  • カラオケ教室じゃ 物足りない!
体験レッスンの予約はこちら