• facebook
  • twitter

からだがかたい、という方あり

寒い季節です。暖房抜きではかちこちに身体に力が入って、疲れやすくさえ感じます。

 

ボイストレーニングに於いて、身体の柔軟さは大切です。呼吸に悪影響します。

これはあまり広めるべきではないので内緒ですが、みなさん私が数分肩をもんだだけで、息の出入りが全然違います。声の伸びがあっさりかわります。ええ、間違いなく肩こりは敵です。

 

先月まであった、うたわないコース講師から、幾人か引き継ぎを受けています。

 

その中に、えらく身体の硬い人があると申し送りがありました。この方のかたさは、一般に言うところの、肩こりがひどくてねえ、なんていうレベルではありません。というのも詳細は省きますが(というより聞いておりません)、身体のご事情はいろいろな方がいらっしゃいます。この言い方はあまり適切ではありませんが、ほぼ病的に致し方なく、というレベルです。呼吸自体が不自由です。でも、ご自身が地道に気を配ってきて、これでも随分やわらかく良くなったとのことなのです。それでも、一般の方よりはもう、笑えないくらい硬いのです。

 

ですから、持っている息をできる限り全部吐き切る

ということも困難です。すなわち実は吸うことも困難です。

ご本人も、吸えない事象については自覚がありました。

これをまずどうにかしなければなりません。

 

 

リラックスする。脱力する。と、言葉では簡単に言えても、それが自分にとってはどういう状態か、ということを客観的に知ることがないまま、今に至ったとしましょう。

ということは、はーい、力抜いてー。と言われても、

 

ご当人、脱力している状態をご存じないのです。抜けてないのです。

 

ですから、身体が酸素を欲するところまで息を吐いてみる、という実に単純なこともままならないわけです。こりゃ手ごわいぞ話始まらないじゃないか。

 

 

そこで私は未熟な知識の中から思いついたのです。肩こりは血行不良だべ。あっためてみりゃほぐれるんでないの?

 

シブイ飯田橋には、残置物扱いのエアコンがあります。しかしこれを使うとあまり環境として宜しくないので、昨冬よりホットカーペットを利用しています。この狭い部屋は充分にあったまります。しかも、部屋が狭すぎて床だけでは収まらず、半分は壁に貼り付けてあります。床暖房をはみ出して壁暖房です。

 

もうお分かりでしょう。尻を床に、背を壁に凭れてみると、想像を絶する暖かさに、一気に眠気がやってくるほどです。じっくり背中をあたためると、身体は嫌が応にもほぐれて来ます。これはすごい。

 

溜め息ついても欠伸をしても緩まずに吐けなかったのに、さすがに、温泉気分という奴を思い出したようです。

 

たくさん吐けたら、身体は勝手に吸ってくれます。

 

この状態を作ることができました。いやー、汗かいた。いっぱい吸う。深く吸う。これをまず覚えてもらう手がかりが出来ました。

 

何事もそうですが、頭で理解することよりも、体感しなければ納得いきません。ここから、スタートです。

 

まずは気軽に体験レッスンをどうぞ
  • 皆とわいわいやるような ボイストレーニングは苦手…
  • 年齢が高いけど 大丈夫?
  • 腹式呼吸を活かした 発声をマスターしたい
  • ほかのボイストレーニングに 通ったけど、ダメだった…
  • 歌うこと・話すことが 苦手だけど、克服したい!!
  • 練習の成果を 生演奏の発表会で 試したい!
  • カラオケ教室じゃ 物足りない!
体験レッスンの予約はこちら