• facebook
  • twitter

アンチエイジング

進捗報告

月に二回のレッスンよりも、一日五分の基礎練習。

という意気込みで、この五月から毎日更新のポッドキャスト制作に打ち込んできました。作るのが好きなんです。

どういった内容で、どんな風に作ったら良いか、ということはもちろんのこと、そもそも喋りが大の苦手の私ですから、キャラ作りから迷走です。

まあまあこのような、誰が見ても異色な教室を作って来たので、私の根底に、どれだけスタンダードなるものへの畏れが潜んでいるかは、会員の皆さんにはみてとるようにわかるかと思います。その辺りはどうか、見守ってあげてください。

とはいえ、だからしょうがないだろ、と開き直るのは簡単ですし、それでは、わざわざ誰にでもできる一日五分の練習を作ろうっていう崇高な志が台無しです。

正しい指導のもと、正しい方法で、反復練習をする、これは当然理想です。

でも、結論から言えば、個々人が、個々人にあった形を模索して、個々人の意思と都合にあった反復をして習得した過程が、正しいのです。みんな身体感覚も、言語感覚も、素質も、背景も、違うのですから。

でも、それを言ってしまうと、それぞれ勝手に遠回りをやりな、というところへ戻ってしまいます。

だから、未経験者でも、あんまり意思が強くなくても、動機が不純でもあるいは純粋でも、知識がなくても、なんとなく、言われるがまま繰り返してみたら良い感じになってた、という落とし所を作りながらずっと探していました。

20何年、このお仕事をさせてもらってきました。この経験から、絶対に毎日やったほうがいいと一番に思いつくことは、呼吸と、口の開きについて、です。

最初はいろいろやろうと考えたのですが、いいじゃん、それだけで

だって、みんな少し休む(さぼる)だけで、呼吸できなくなってるの普通だし、基礎は昔やりましたので、と豪語してやってくる人たちの呼吸の出来なさには驚き続けました。そしてもう一つが、口が開かないこと、動かないこと。動かなければ、明確に発音できないし、さあじゃあ動かそうとがんばるほど、力むんですよ。力まないで、動かしましょう。可動域を、保ちましょう。基本です。

逆にいえば、それらが出来てないのに、その先やろうっても無理が嵩む分無駄じゃん。みなさんその先をやりたがるのはよく分かりますけれどもね。口動かないと、早口言葉すら言えませんよ。

てわけで。苦心惨憺の三ヶ月を経ても、真の完成まではまだまだですから、まだまだ知る人ぞ知るで良いのです。時々、思い出したように聴いた時に、あ、これはやっとこう、って摘めるようなものを目指します。その先は結局自分次第ですし、私が目指すのは、国民医療費を抑えることです。その意味が分かる方には、今すぐ利用いただきたいです。8月1日から再度リニューアルです。

なので基礎は追々もちろんやりますけど早く歌のテクニックとかやりたいと言える方は、とりあえず小浜田知子とかクボフミトの体験レッスンを体験してくださいね。講師はそれぞれ二回目のワクチン接種をし始めています。安全安心のボイストレーニングです。ま、東京自体が危険とも言えますが、そこは言わない約束を守りましょう。

いずれ呂律がまわらなくなるから

発声、発語は自らの意思を伝えるために、失いがたい運動です。

私も含め、健康健常の時にはありがたみなど感じることなく、いつもきちんと明快に喋らなくてはならぬ、なんて思うこともなく、境遇に甘えがちです。

 

ところが、抱えた病気の進行によって、いずれ呂律がまわらなくなることが分かっていて、その予防のためにとボイストレーニングを申し込んで来られた方がありました。

その時すでに、目に不自由さがきていて歩行困難ということで、2016年の夏、当時シブイオンガクスタヂオには大変余裕がありましたし、私が出張に出向くことにしました。

病的に早く衰えゆく脳の能力を、意識的にまだ動く今、末端から動かすことで、退化(劣化老化)の進行を止めてみようという試みでした。

 

それからと言うもの、毎日、呼吸・発音・歌唱に繋がるいくつもの練習メニューを重ねていくことで、同じ病気のよその人よりもずっと進行を抑える事ができているとのことです。

これは何より、すごい意志の力だと思います。

 

なぜそう言えるかと言うと、実は一昨年の夏の終わりに、この方が急激に衰えたのを目の当たりにしたからです。悲しいことでもあったのでしょう。毎日の努力も、虚しくなってしまったのでしょう。隔週で会う私は、見る見る憔悴し、眼球が生気をうしなっていくを見ていくうちに、もしかしてこのまま長くないのではないか、と心配になったほどでした。どんどん動けなくなっていったのです。

さいわい、ある時から気を取り直して、毎日の練習習慣をまた始めてくれたようで、数ヶ月かけて元気になってくれました。(今日聞いたら、血液検査までも何一つ悪いところがなくなったそうです。)

 

彼女が言うには、発声の仕組みを意識して、丁寧にその身体の動き自体を改めて脳に言い聞かせながら動かしていくことで、運動機能を退行させず、進化させられることが分かったのだそうです。不自由になり始めていた四肢の動きも、回復させられることが実感できたことから、この試み(仮説)は誤りではなかったと。発声練習をやってみて良かったというのです。めでたしめでたし。

 

しかし、近頃しきりにこぼすのは、何のためにこんなことを頑張っているのだろうということ。自らの体験を何がしかに生かせるなら、まだしもと。

そうです。あなたが先頭切って老化に抗う道すじをひろめてくれたら良いのに、と私は言いました。が、歩行は難しいし、遺伝性の病気のため未婚のお子さんがある今は、素性も明かせない身であると。

このところ私が、口はぼったく老化抑止と結び付けて話をしているのは、このためです。微力ながら、私が立ち上がろうと思った次第です。

だって、私が出張の際にやってきたことは、20年の経験から、焦らず効率よく繰り返せるだけのメニューをやったまでです。頑張ったりしないようなやつです。でもこれだけで、発声運動機能の衰えを止められるならば、実はもっと身体全体の衰えに対しても有効なアプローチやヒントだって見つかるはず。

まずは、身の回りの、すでに老化を感じ訴えはじめている皆様がたの意識を変えていくことから、ひろげて行きたいと考えている、トーキョー2020でございます。

 

また、同様な病気の方で興味のある方がいらっしゃいましたら、都合をつけて出張にうかがいます。ご用命ください。ずいぶんフットワーク軽いと思われました?そうです。2016年に比べたら当然、暇なんです。つまり、チャンスですのよ。

渋井銀三郎について

こんにちは。シブイオンガクスタヂオ代表、石村吹雪です。東京都のゆりこはご機嫌斜め。連休を楽しんでいますか?

シブイオンガクスタヂオという屋号の出典は書いていません

自分で言うのもなんですが、私はとても謙虚で良心的な人物です。それどころか、とても奥ゆかしくと言うか引っ込み思案で、思ったことをきちんとしかるべき時にしかるべき場所で主張するのも苦手なタイプです。

それは、シブイオンガクスタヂオという屋号にも表れていると思います。

しかし、個人事業主レベルとはいえ一国一城のあるじ。ハッタリ込みでも堂々と構えていたいものです。

そこで2013年ごろ担ぎ出したのが、渋井銀三郎という創業者現会長でした。渋井さんが作ったんだから、シブイオンガクスタヂオでいいじゃん。

という、裏話はさておき。

ボイストレーニングで社会貢献

社会貢献という言葉をこのお仕事を始める上で、ずっと念頭に置いていました。私がこの仕事に就いた二十世紀末当時は、まだあまり認知されていない得体の知れないカタカナの職業でした。

しかもこれが、なんとなく音楽の先生っぽいのです。現に、音楽の先生並みに音楽が得意な人がつく職業と、もしかしたら令和の今でも思われているかもしれません。

私の学生時代の音楽の成績は常に、ふつう、すなわち五段階評価の三でした。ただの一度、四、になったことがありましたが、その話は文字数の関係で割愛しましょう。振り返って確信を持って言えることは、実際はむしろふつう以下でしたが、あまりにも素直でいい子な性格だから、きっと先生方は贔屓で、ふつう、にしてくださっていたのでしょう。そういう裁量って、世の中にはまま、あるものです。

音楽なんて得意じゃない私が、音楽の先生じみた職業に就く。しかも、二十代の終わりに。後ろ盾となる専門教育もなしに。つまり必要なのは、ハッタリだけです。文字数がもったいない余談になりますが、私の師は良い意味でハッタリの権化でしたから、理に適っていますね。

だから、自信のない自分を納得させるために、このお仕事は趣味の一環の範疇ではありながらも、社会貢献できる。という論理の緒を一通り探していました。

すなわち、楽しい自己表現の一助、未だ知らなかった自分の可能性発掘の一助、また、社会生活に活きるスキルの一つとして有効有益な習いごとである、と掲げて私は突き進んできました。

が、私がそれを担う時代も終わりました。今やボイストレーナーは世に溢れ、より需要の高い、歌唱スキルの充実、満足、のサポートを担う人たちはたくさんいます。当然、私などよりも音楽的センスや技術、素養に優れた人たちがいっぱいです。

うたわないコース派生から10年

この仕事を始めたちょうど10年後に、本当に上手くなりたい人のためのうたわないボイストレーニング、という本(現在はこちらで販売)をまとめた頃には、自分のこの思考傾向はすでに出ていたということができます。私たち(かつての教え子の吉岡裕常と共著)がこれを提唱したのち、よその教室にもうたわないコースはどんどん出てきましたから、あっちこっちにブレた話ではありません。

さらにそれから過ぎること10年です。自分自身も歳を取りました。幸いにして、この職業の認知度も上がりました。認知度が上がることで、単価が下がる現象まではまだ起きていませんが、対象を拡げるには下がる覚悟も必要です。

ボイストレーニングという観点からできる、忘れられゆく人間本来の能力の衰退すなわち老化の抑止。抑止です。こちらを追求していくのが、私の今後の社会貢献なのではなかろうかと。というわけで、ラジオ体操のように、ボイストレーニングをやるプログラム開発、の一環として始めました。渋井銀三郎の毎日ボイストレーニング。

もちろん、いきなり設計して完成版を作れるほど、私の頭は整理されていませんし、能力は高くありません。ただし私には20年以上の経験がありますし、目標に向かって病的に諦めることを知らない気質は健在です。

おそらく3ヶ月後くらいには、結構まとまったプログラムになっていくんじゃないかしらというのが、自分自身の予想です。結果半年一年かかってもいいですが。そういうわけで、相変わらず全然カッコよくない、洗練されていないポッドキャストが始まりましたよ。きっといつものように、ヘタクソと鼻で笑われますよ。笑った方は、3ヶ月後にまたいらっしゃい。そしていつものように、パクっていいとこどりをすればよろしい。

というわけでまだ恥ずかしいので、渋井銀三郎で検索してくださいね。サイト内渋井銀三郎については、こちらですが。

おっと。このように書くと、

歌唱には向いていないのかしら、と思われる方もあるかもしれません。とんでもありません。基礎の基礎はやって損はありません。否、基礎をやるべきなんです。さらに言えば、基礎に対する理解が必要なんです。そこも時間をかけてゆっくりと解説していくべく、始めます。

これは余談ではありませんが、基礎をちゃんとやらない教室が多いから、シブイさんに生徒が流れてくるんです。おかげさまでシブイさんもつぶれないわけです。これほど、基礎が軽視される世の中だからこそ、私がやるわけですけれども。

ついでに余計なことを書いておきましょう。基礎のことを忘れたままいくら続けても、進化成長は頭打ちになります。頭打ちでも楽しいことは楽しいので続けられますが、さらなる成長を望むならば、常に基礎に立ち返ってみる姿勢は必要と考えています。

アンチエイジング

という一見馴染みやすい言葉を便宜上、カテゴリーに掲げています。この理由は、今後ひとりひとりの老化という言い訳がもたらす医療費の高騰が国力を費消するのだろうという危惧です。なんとまあわかりやすく、うってつけな言葉でしょう。

わたしのボイストレーニングの今後

三月でシブイオンガクスタヂオを去ったなかむらのぞみの送別会を細々とこっそりと開催しました(しかも小浜田は体調を考慮し欠席)。これで、最大の時期からは教室全体ぐっと規模が小さくなって、機動性が高まることでしょう。

何?機動性って。いや、発表会を開催する時にも連絡が行き渡りやすくなるし、おそらく今後は試みていくことでしょう。講師間の壁を取り払った、教室全体企画ということです。


それはさておき。

かつて歌わないコースを提唱して、その需要と供給が成立することを実証しました。喋りに特化したなかむらが去ることにより、シブイオンガクスタヂオは再び、歌唱の発声側に偏ったわけです。しかしクボも小浜田も経験豊富で、両者とも歌わない発声の講師もできますから、心配ご無用です。

 

さて私は何をしようか。この疫病禍が続く限りは、以前のように歌をやりたいという方は減ったままになることが想像されるし、私自身は歌の発声講師なんかもう他の講師に任せた方がいいんじゃないか。講師が二人いれば充分でしょう。もちろん講師としての私にご指名でもあれば承りますが、積極的な募集は二人に任せて、別のことをやった方がいい気がします。

そこで。ここで一念発起宣言をしておこうと決めました。

ボイストレーニングを通じて、運動機能の衰退ひいては運動機能を司る脳の退化防止を目的とした活動を興してみようと。

具体的にはこれから勉強をも進めていくつもりですが、当然のことこれには、専門的知見もある程度は必須になることでしょうし、すでにその方面を先んじている方々の助言なども必要になりましょう。

ですから今後、(恥ずかしげもなく)ここに、その活動について書いていこうと思います。

もちろんこれは、我々がボイストレーニングと称して行ってきたことの、その方面への有用性の確信が増してきたからに他なりません。(つまり実例があるということです。)

これを今風に言い換えるとなんと、アンチエイジングになります。ボイストレーニングを通じた老化への備え。とでも言えましょう。あまり本当のことをありのままに書くとサマになりませんから、これも書きながらどんどん改めて参ります。

うたわないボイストレーニングの準備

 

 

※ポッドキャスト 「こっそりおうちでうたわないボイストレーニング」の内容に準拠して行います。


まずは気軽に体験レッスンをどうぞ
  • 皆とわいわいやるような ボイストレーニングは苦手…
  • 年齢が高いけど 大丈夫?
  • 腹式呼吸を活かした 発声をマスターしたい
  • ほかのボイストレーニングに 通ったけど、ダメだった…
  • 歌うこと・話すことが 苦手だけど、克服したい!!
  • 練習の成果を 生演奏の発表会で 試したい!
  • カラオケ教室じゃ 物足りない!
体験レッスンの予約はこちら