• facebook
  • twitter

2021年04月

わたしのボイストレーニングの今後

三月でシブイオンガクスタヂオを去ったなかむらのぞみの送別会を細々とこっそりと開催しました(しかも小浜田は体調を考慮し欠席)。これで、最大の時期からは教室全体ぐっと規模が小さくなって、機動性が高まることでしょう。

何?機動性って。いや、発表会を開催する時にも連絡が行き渡りやすくなるし、おそらく今後は試みていくことでしょう。講師間の壁を取り払った、教室全体企画ということです。


それはさておき。

かつて歌わないコースを提唱して、その需要と供給が成立することを実証しました。喋りに特化したなかむらが去ることにより、シブイオンガクスタヂオは再び、歌唱の発声側に偏ったわけです。しかしクボも小浜田も経験豊富で、両者とも歌わない発声の講師もできますから、心配ご無用です。

 

さて私は何をしようか。この疫病禍が続く限りは、以前のように歌をやりたいという方は減ったままになることが想像されるし、私自身は歌の発声講師なんかもう他の講師に任せた方がいいんじゃないか。講師が二人いれば充分でしょう。もちろん講師としての私にご指名でもあれば承りますが、積極的な募集は二人に任せて、別のことをやった方がいい気がします。

そこで。ここで一念発起宣言をしておこうと決めました。

ボイストレーニングを通じて、運動機能の衰退ひいては運動機能を司る脳の退化防止を目的とした活動を興してみようと。

具体的にはこれから勉強をも進めていくつもりですが、当然のことこれには、専門的知見もある程度は必須になることでしょうし、すでにその方面を先んじている方々の助言なども必要になりましょう。

ですから今後、(恥ずかしげもなく)ここに、その活動について書いていこうと思います。

もちろんこれは、我々がボイストレーニングと称して行ってきたことの、その方面への有用性の確信が増してきたからに他なりません。(つまり実例があるということです。)

これを今風に言い換えるとなんと、アンチエイジングになります。ボイストレーニングを通じた老化への備え。とでも言えましょう。あまり本当のことをありのままに書くとサマになりませんから、これも書きながらどんどん改めて参ります。

まずは気軽に体験レッスンをどうぞ
  • 皆とわいわいやるような ボイストレーニングは苦手…
  • 年齢が高いけど 大丈夫?
  • 腹式呼吸を活かした 発声をマスターしたい
  • ほかのボイストレーニングに 通ったけど、ダメだった…
  • 歌うこと・話すことが 苦手だけど、克服したい!!
  • 練習の成果を 生演奏の発表会で 試したい!
  • カラオケ教室じゃ 物足りない!
体験レッスンの予約はこちら