• facebook
  • twitter

2017年08月

何処へ向かって。

どもー。みなさんお盆休みいかがお過ごしですか??基本的にこのシブイオンガクスタヂオ、講師それぞれにスケジュール組んでますので、教室としてのお休みはないのです。が、さすがにこのお盆真っ只中は暇ですな(笑)。

なのでブログなんか書いてみようかと。

 

さて、みなさん、歌を歌うときにどこ見て歌ってます??

まあ、レッスン中、あるいはカラオケなんかだと、概ねどこと言わず「歌詞」を見ていることかと思います。

 

僕は以前、ライブハウスで仕事をしていたとき、若手のアーティストには極力歌詞や譜面を見ないようにと注意を促しておりました。なぜなら、そこで声が止まってしまうから。

 

声というのは面白いもんで、目指した場所や意識した方向に向かって飛んでいきます。

例えば、道端で10m先にいる友達を呼ぼうとするとき、当然ながらその場所を見て、そこへ向かって声を飛ばしますよね。

それがステージと客席というシチュエーションの場合、声がステージ上の譜面台の前で止まってしまい、客席に届かないなんて致命的。事実、そういった場面を山ほど見てきたのです。

 

なので、みなさんももし可能であれば、普段練習曲に使っている曲や、カラオケの十八番なんかは歌詞を覚えちゃって、歌詞やモニタから目線を外して見てください。きっと新しい世界が広がりますよー。

例えば、パワフルな楽曲ならロックフェスのような会場をイメージしてみるのもいいでしょう。あるいはバラードなら、MVの登場人物になりきってみるもいいかも(笑)。

いずれにせよ、どこに向かって(どこを見て)歌っているか意識するだけでも声の出具合はグッと変わってきます。

コツとしては、姿勢と同じく、目線がフラフラしないようにすること。

 

僕のレッスンでも、声を出す方向や距離を具体的に提示して、姿勢や目線に気を配りながら歌ってもらっておりますが、変化がわかりやすいだけでなく、歌う上での気持ち良さを実感できる、という声もいただいております。

 

この夏、旧友とカラオケなんか行ったときに一歩差をつけてみるのも悪くないですぜ。で、ドヤ顔で「一応ボイトレ通ってるからさ!」と言い放って見よう!!!

 

 

by クボフミト

 

 

写真は、囁くようなバラードを歌うときに観客の役を仰せつかった植木鉢君。心なしか緊張の面持ち。

2017814143941.JPG

会員のみなさまへ大切なお知らせ

八月です。 八月といえば、弱小零細シブイさんの最も弱気になる季節でした。暑い間は体験レッスンののお申し込みが途絶えるのが普通でしたから。 さておき。 会員のみなさまへ、大切なお知らせです。 今年の春以前にご入会の皆さんの中には、お気付きの方もありしましたでしょうか。 5月からレッスン料金が一部、変わっております。 消費税が10パーセントになる時には値上げをすると、いつも口にして来ました。地味ながら設備投資をしながらも値上げはせずに頑張って参りました。しかし、今年に入り急な水道橋から四谷への移転などもあり、事情は激変しました。 というわけで、予定を一部前倒しいたします。 2017年5月以前のご入会の皆さまへ stores.jp をご利用の場合は、2017年5月以降の料金に準じてお支払いをお願いします。振込、現金払いの場合は従前どおりの価格にて承ります。 そして、引き続き改めてのお願いです。 レッスン料のお支払いは、前月末までにお願い致します。 事務員がいない状態をキープするには、ルールを徹底するより他ありません。 ご質問あれば、メールアドレスは会員専用ページにございます。お気軽にお問い合わせください。

四谷教室より夏休みのお知らせ。

 

201788153841.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちわ春奈鈴です。

四谷教室の夏休みの予定は、

特にありません。

 

普段は満員になりがちな土日の枠も

いつもに比べて余裕がありますので

なかなかタイミングが合わなかった方は

この機会に是非体験レッスンにお越しください。

 

四谷教室の体験レッスンは 

こちらより 受付けていますcancer

 

 

 

 

この波に乗れ!

ども。講師のクボです。四谷教室のお茶会、楽しそうだったなあ。

僕もその日時間空いてたからお邪魔しようと数日前から思ってたんだけど、、、

 

 

当日すっかり忘れてた。。。。。

 

 

さて、みなさんとレッスンをしてて、いろいろ気づくことがあります。

 

特に思うのが、まあ、みんな真面目に歌うよねー、って。

 

 

いやいや、真面目に歌うのは大事なこと。ふざけて歌われたら鉄製の譜面台で薪割りの要領でアタマかち割りますよ。

そうじゃなくて、例えばメロディーの1フレーズ、1フレーズ、一言一句非常に丁寧に歌われる方が結構多いのです。誤解なきように言えば、これももちろん非常に大切なこと。

 

ですが、そこに集中しすぎるあまり、歌全体がのぺーっと平面的になってはいないでしょうか?

 

まあ、曲やジャンルによってはこれで十分正解な時もあるのですが、特にROCK、POPSのジャンルに限っては、もう少し歌そのものの立体感というか、躍動感というか、一言でいうと「カッコよく」いきたいもの(ザックリ過ぎ)。

 

そんなときは、原曲のドラムの音を思い出してみましょう。

何?ドラムの音とかあんまり気にしたことないしって???

そりゃいかん!!!すぐヘッドフォンで聴いて確認してみましょう。

 

「ドン、タン、ドッドッ、タン」とかバスドラム(キックともいいます)とスネアドラムがなかなか気持ちいいリズムを作ってくれているはず。

細かいフレーズなんかはいいので、ざっくり全体のリズムの雰囲気を把握したら、ご自身で歌うときに必ず思い浮かべるようにしてください。

レッスンでも、各講師ギターまたはピアノ1台でいろんな曲を再現しますが、基本はこのリズムパターンを必ず踏襲します。

 

中でも特に日本人は「裏拍」が苦手と言われています。裏拍というのは、1、2、3、4の4拍の内の、2と4の拍。ドラムなら主にスネアが入るタイミングです。「ン、タン、ン、タン」のリズムですね。

 

ROCK、POPSならぶっちゃけこの裏拍だけ感じるのでも結構です。っていうかこれを感じないことにはどうにも雰囲気でないのです。

 

 

と、難しい説明が続いたけど、要は、リズムの波に乗って歌おうぜ、楽しいよ。ってこと。

 

曲の持つリズムに乗っかって歌うことで、ブレスのタイミングもよりわかりやすくなったり、アクセントをつけやすくなったり、あるいはちょっと力を抜きやすいポイントが見えたり、、、、。きっちり丁寧に歌うだけでは見えにくかったものがよく見えてきますよ。

 

極端な話、リズムと歌だけで曲って成立するもんなんです。QUEENの「We will Rock You」とかね。

とういうわけで、みなさんが普段練習している曲、ぜひ一度ドラムの音を探しながら聞いてみてください。曲自体にも新たな発見があるはず。

 

リズムに乗って歌うのに慣れたら、いっそレッスン中でも踊っちゃっても結構です。比較的冷めた目で見るとは思うけどな。

 

 

 

四谷・飯田橋教室担当 クボフミト

 

※写真と本文は関係ありません。

 

201783145131.jpg

まずは気軽に体験レッスンをどうぞ
  • 皆とわいわいやるような ボイストレーニングは苦手…
  • 年齢が高いけど 大丈夫?
  • 腹式呼吸を活かした 発声をマスターしたい
  • ほかのボイストレーニングに 通ったけど、ダメだった…
  • 歌うこと・話すことが 苦手だけど、克服したい!!
  • 練習の成果を 生演奏の発表会で 試したい!
  • カラオケ教室じゃ 物足りない!
体験レッスンの予約はこちら